地元でお金をつかう場所の一つが「まちの駅やながわ」

最近は毎週のように訪れている福島県伊達市梁川町にある「まちの駅やながわ」。実家に帰る前に立ち寄って、新しく加わった商品などがないか見ます。

この場所に足を運ぶ理由に「地元でお金をつかう」ということがあります。会社員時代、給料は勤めている会社から振り込まれますが、独立してから、お金をいただく企業など複数あるから生活できています。

その企業というのは、現在、福島県内とくに県北地方がほとんどで、お金を使うことに、独立してからだいぶ変わったと思います。

お金を使う場所「まちの駅やながわ」で買い物する理由はそういったところからです。

あれ、書き始めたら睡魔が襲ってきました。。。今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です