【いわきFC】東北社会人サッカーリーグ1部 第18節(最終節) VS FCガンジュ岩手 戦(いわきFCフィールド)を観戦してきました。

先日6日(日)、いわきFC vs FCガンジュ岩手の試合を観戦してきました。東北社会人リーグ1部の第18節、この試合が最終節でした。

試合開始は午後1時。湯本駅からいわきFCパークまで初めて路線バスを利用。午後12時過ぎに、いわきFCパークのバス停に到着。試合会場のいわきFCフィールドに入る前に、アンダーアーマーのお店の中を見たり、お昼ご飯でNISHI’s KICHENで片山選手イチオシの麻婆豆腐を食べて、試合会場へ。

到着が午後12時半くらいでしたかね。すでにスタンドは一杯!手前もたくさんの人でした!駐車場に入っている車の数から予想できましたが、たくさんの人が足を運んでいました。嬉しいですねぇ。

前半、いわきFCの攻撃方向、フィールドの奥の方で観戦しました。近くにガンジュ岩手のサポーターの皆さんがいらっしゃいました。アウェイの地で声を出してチームを応援されている姿、試合を楽しんでいる様子、を見ると感動します。ガンジュ岩手の選手、かけつけたサポーターの皆さんに今回も感動しました。

試合は前半、いわきがゴール前までボールを運ぶ時間帯が多く、両サイドからの攻撃を中心にシュートまでいきますが、ガンジュ岩手のゴールキーパーのセーブ、また、シュートコースに身体を寄せているため、先制点はなかなか奪えませんでした。

逆に、ガンジュ岩手の左サイドからの攻撃はスピードと身体の強さがあり、ピンチになりました。私が見ている場所からだと遠くて見えなかったところもありますが、左サイドを駆け上がるスピードはかなり速かったと思います。

前半40分近く、この両チームの攻防。前めにかかっているときに、あのスピードのあるカウンターは危険ですね。そんななか、いわきはしっかりと守っていました。

先制点は右サイドのクロスボールから吉田知樹選手のヘディング。そして数分後に、同じく知樹選手がスルーパスから抜け出し、ゴールキーパーをかわして2点目を決め、0-2で折り返します。

後半、私もエンドを変えて、逆の場所で観戦。近くには、ホーム戦、アウェイ戦で顔を合わせる皆さんがいらっしゃいます。会話も楽しみながら、試合を観戦しました。いつもありがとうございます!

後半、チーム全体として落ち着いていたというのが印象です。グラウンダーのボール、長いハイボール、前半に比べて繋がっていたと感じました。ハーフタイムの指示、修正、選手起用、要因はいろいろあるでしょう。この変化を感じることが目の前のフィールドで行われていること、サッカーは本当に面白い。

後半出場の赤星選手、バスケス・バイロン選手の追加点で4-0で勝利。リーグ最終戦を勝利し、無敗で東北リーグ1部の優勝を決めました!選手、スタッフ、サポーターの皆さん、おめでとうございます!優勝の瞬間を皆さんとフィールドで過ごせたことを幸せに思います。

東北リーグ1部を優勝したことにより、JFL昇格をかけた地域チャンピオンズリーグの出場権を獲得しました。11月に開催されます。決勝ラウンドはJヴィレッジで開催されることが決定しています。いわき市から駆け付けることができる全国大会の決勝ラウンドの場所として、最高の場所ではないでしょうか。

地域チャンピオンズリーグの前、今週末からは鹿児島県で全国社会人サッカー選手権が開催されます。こちらの大会にも参加するいわきFC。こちらの大会も楽しみですね!

最終戦が終わったあと、選手達とサポーターとで集合写真。私も参加しました。

そして、撮影の後、いつも以上に選手の皆さんがフィールドに残ってくれて、サポーターの皆さんとお話されていました。フィールド内にいた私は、360度、ぐるっと見渡して、そういった光景が見れて、素敵だなぁと思いながら、眺めていました。

約1時間ほど、この空間を楽しみ、いわきFCのバス停に向かいました。リーグ戦は終わりましたが、また近々来るだろう、また来ますと思いながら後にしました。

湯本駅で電車の待ち時間に1番線ホームにある足湯に入ったりしながら、いわき駅へ

いわき駅に到着したら、乗換の磐越東線まで時間があったので、予定していたアンダーアーマーいわきラトブ店へ。店員さんと、いわきFCの最終節のお話。試合観戦できなかったと思いますので。あと、欲しい商品をネットで見ていたので、あるかなぁとお聞きしたら、取り寄せになるとのこと。

私が生活しているのは桑折町です。取り寄せてもらって、郵送になってしまうので、今回は申し訳ないですが、ネットで購入することにしました。

翌日の朝、アンダーアーマーのオンラインショップで購入。発送のメールが届いたので、見てみると、いわき市から発送されていました。直接お店では買いませんでしたが、いわき市から発送されていると思うと、なんか嬉しいですね。少しは貢献できたのかなと。発送翌日の昼間には到着しました。朝注文で翌日の午前中には届いていました。

そして、今、その商品は私の手元にあり、今後の運動に何度も利用されることでしょう。運動するモチベーションアップになります。いわきFCの存在は、私の生活、運動、に大きな影響を与えています。

東北リーグ1部優勝、おめでとうございます!!

 

【登山】二本松市の羽山(麓山)に、ミナト石材の湊和也くんと登ってきました。

先週、二本松市の羽山(麓山)標高897.1mに登ってきました。うつくしま百名山の一つ。ミナト石材の湊和也くんと、以前から日程を合わせて登ろうと話していて実現しました!

待ち合わせ場所は、二本松市岩代支所。二本松駅まで電車、二本松駅から岩代支所行の福島交通のバスに乗り換えて向かいました。

岩代支所から、湊くんの車で羽山に向かいます。知らない道を迷うことなく進む、さすがです。移動中に見える景色から知ることが多かったです。

羽山は昔、石材の石が採れていた山。これは以前から聞いていました。今回登ろうとなった理由の一つが、この石が採れていたところを確認したい、でした。その石で建てられたお墓が羽山に向かう途中に多く確認できました。

また、羽山の麓に石材店が多かったということ。また、このあたりはリンゴが有名で、リンゴ園が多いということ。「二本松市 りんご」でググってみると、このあたりが多くヒットするんですね。知りませんでした。

そんな初めての景色と新鮮な話を聞きながら、登山道に向かう道へ。羽山神社の鳥居です。この写真の左側を進み右折し登って行きます。南口登山口になります。

しばらくすると、車1台通れるくらいの道幅になり砂利道になります。雨水などが流れるところがデコボコになっていて、道はあまりよくありませんでした。ここから先は走行注意という看板が出てきたので、そこに数台止められるスペースがあったので、そこに停めて歩いて登っていきます。

一応、車も通れる道幅で砂利道になっていますが、道は結構あれているので、歩いて正解でしたね。ナイス判断です!10分ほどで、羽山神社の鳥居が見えてきます。ここの鳥居の奥を歩いて登って行きます。

登山道はこんな感じ。写真ですと草が多く見えますが、登山道ははっきりと分かります。迷いそうな場所が1か所ありましたが、よく周りを見ると先に階段があったり、手すりがあったり、するのですぐ登山道はどちらか分かります。

階段、鎖、しっかりと整備されています。福島の各地の低い山を登っていて思うのが、こういった形で整備されていることが多いということです。地元の皆さんが守ってきていることが分かります。

草が生い茂っている場所がこの先にありますが、道は分かるので、そこを進んでいくと、一気に景色がひらけます。「おお!すごい!」という言葉が自然と出ました。山頂に向かっていくと、羽山神社の木の鳥居が見えてきます。この鳥居の存在感。地域を守ってきたところです。神聖な場所ですね。

山頂には、ここから見える福島県内の山を初め、県外の山がどの方向にあるか分かるようになっている石があります。その中には富士山も。以前、富士山が見える最北限の山だったのです。現在は川俣町の花塚山で2017年に認定されています。

富士山の見える北限の山!川俣町最高峰の「花塚山」|川俣町ホームページ
https://www.town.kawamata.lg.jp/site/kanko-event/kankou-yama1.html

三角点タッチ!

そして、山頂から360度、素晴らしい景色が広がっています。福島の山をいくつか登ってきて、素晴らしい景色を見てきましたが、ここまで360度、どこを見ても視界が広がっている山は初めてでした!

どうですか?この景色!これから空気の乾燥する季節になるとさらに遠くまではっきりと見えるかもしれません。すごい景色です。感動しました。

山頂のすぐ下にある屋根付きのテーブルとイスで、湊くんと登山ミーティング。まわりから聞こえる音は風の音と虫の鳴き声、登ったとき、山頂にいたのは私達二人だけだったので、人の声もなく、とても静かな空間のなかでミーティングでした。地元の山を登ってミーティングをする「登山ミーティング」。オススメです!地元を知る機会にもなります。

1時間ほどミーティングした後、下山。羽山神社の鳥居が2つ並んでいるところは、近くに大きなスペースがあり、展望台にもなっています。このあたりが石を採っていた場所であろうと、湊くん。

木や草が生い茂っている奥に、たしかに大きな石の絶壁が見えます。そして、その下には人の手が入って採られたであろう形の石がゴロゴロと転がっていました。まわりと見ると、その石が積み上げられているような場所も。うん、ここだったのでしょう。これから秋、冬にかけて、葉が落ちていったらさらによく分かるかもしれませんね。その時期にまた訪れたいです。

今回、羽山に登って思ったのは、とにかくこの山を知ってもらいたい!ということ。なぜ、こんな素晴らしい場所を知らなかったのだろう?と。

まだまだ福島の山を登った数は少ないですが、訪れる山々、地域の皆さんが整備し、歴史を感じ、すばらしい景色を見ることができることに、毎回感動しています。これから紅葉の季節です。紅葉の山も登りたいと思っています。

湊くんも自身のブログに今回の羽山登山を更新しています。ぜひこちらもどうぞ。
二本松市の羽山(麓山)に登ってきました!! | 湊和也のブログ
http://minatokazuya.com/?p=5553

 

■毎週水曜日の朝、私が訪れた場所で見たこと感じたことを自由に書いた近況、最近食べた美味しいもの、最近気になるITや地域のニュース、などをメールマガジンで配信中!