駅に歴史あり(会津坂下駅)

私は駅が好きだ。車で旅行したときも、旅行先の駅の駐車場に車を停めて、駅の中に入り駅舎の外観から中にあるポスターやチラシ、観光パンフレットなどに目を通す。駅はその地域の情報を一気に仕入れることができる場所であり、人が集まる場所でもある。

その中でも駅は地域の歴史を伝える場所でもある。上の写真は、昨日、会津坂下駅で撮影した駅名由来の看板。会津と越後を結ぶ越後街道で、塩や海産物を運ぶ「塩の道」としてたいへん重要な道だったこと。慶弔16年の大地震で以前あった道が通行不能となり、その後、会津坂下町周辺が宿場町として栄えたという。

会津坂下駅は大正15年(1926)に開業している。こういった情報はインターネットでも確認することができるが、実際に駅に足を運び、自分の目で見て、設置されている看板を見ることで、感じ方も違うだろう。会津と越後の歴史が大好きな私には、たまらない案内板である。

地域の電車は、本数が減り、廃線になるところもある時代になっている。廃線になると、駅を残す、というのも大変なことかと思うが、本数が減るという路線は駅は残るケースは多い。駅に歴史の情報を掲載、読みやすく修正したり、新しくしたり、というのはどんどんしていってほしいと駅ファンの一人として思う。

人口が減り、駅を利用する人が減ってるが、駅の可能性というのは、まだまだあると考えている。車社会となって、自由に通りたい道を通って行く形とは違い、電車を利用している人は駅を必ず通る、駅で電車を待つ、というのは必ずあること。ここの可能性、地方駅もまだまだあるのではないだろうか。

先日、いわきFCの全社東北予選で訪れた山形県鶴岡市の鶴岡駅もなかなか面白かったなぁ。地方駅の中では結構大きな駅舎や駅前だったけど。

■毎週水曜日の朝、私が訪れた場所で見たこと感じたことを自由に書いた近況、最近食べた美味しいもの、最近気になるITや地域のニュース、などをメールマガジンnoteで配信中!

 

メールマガジンの配信、300回超え。継続できている理由はただ一つ。

昨日の夕方、お客さんとのミーティング後に福島駅前に移動。珈琲グルメで一休みのブレンドコーヒー。美味しかった!という写真である。

毎週水曜日の朝、有料のメールマガジンを配信している。毎日、情報収集してITの情報、福島のこと、地域のこと、スポーツのこと、など気になった情報をメモしておいて、水曜日にそこから選択する。

また、私が実際に足を運んだ地域で見たこと、聞いたこと、感じたこと、良いこと、悪いこと、を自由に書いている場所。ブログやSNSにもやや自由に書いているが、このメールマガジンの方が、さらに自由に書いている。書いていることで購読している読者の方々に考えるキッカケ、そして、旅に出ている感覚になればと思っている。

先週号で300回目の配信となった。2013年12月4日に創刊し、毎週こつこつと配信してきて5年以上となり、回数も300回を超えた。今週号が301回目となった。

ここまで継続できている理由はただ一つ。「読者が一人でもいれば継続する。」ということ。創刊号の内容を久しぶりに読んでみると、この「継続」というキーワードを5年以上前に意識していたことが分かる。

原稿を書く時間を時給に計算すると?とか、赤字ではないか?とか、そんなことを考えることもあったが、そんなことは正直どうでも良い。読んでくれている「読者」の方がいる限り、配信をし続けるというだけ。

「継続」できるペース、というのも、ここ5年で身につけた一つだろう。自分にできること以上のことをしようとすると継続できない。毎回、そうとうしんどくなる。毎週、しんどい思いをしていないと言えば嘘になる。原稿を書くというのは、どんどん書き進められる楽しさもあれば、途中でピタっと止まってしまう苦しさも毎週あるのだ。

あとは原稿を書く時間を確保するということ。水曜日の朝に配信するので、火曜日の夜までに原稿を書き、配信予約を完了させる。火曜日の午後には、できるだけ人と会う時間とはせず、原稿を書く時間にしている。スケジュール管理している手帳やクラウドには、毎週火曜日の午後には「メルマガ」と書きこまれている。

そんな毎週やってくるメルマガ曜日の水曜日。火曜日の夜に配信予約が完了すると、ほっとする時間となり、水曜日からクライアントとのミーティングが日々入っていく。

そんな水曜日の次の曜日、木曜日を今、過ごしている。今日もミーティングなのだ。

 

■毎週水曜日の朝、私が訪れた場所で見たこと感じたことを自由に書いた近況、最近食べた美味しいもの、最近気になるITや地域のニュース、などをメールマガジンnoteで配信中!

 

 

【いわきFC】東北社会人サッカーリーグ1部 第11節 VSブランデュー弘前FCを観戦してきました!

先日18日(日)、いわきFCの東北リーグ1部のアウェイ戦を青森県弘前市に観戦に行ってきました!試合開始13時に間に合うように、桑折町から検索してみると朝出てお昼前には弘前に着くという。新幹線が伸びて新青森で乗り換えることができるようになったからですね。そういえば初はやぶさでした。

さて、この日は全国的に気温が高くなる予報になっていました。弘前市の最高気温の予報も30℃超え。出発した時間はまだ涼しかったですが、どんどん気温が上がって、弘前市に到着したときにはかなりの暑さになっていました。

弘前駅から試合会場の「弘前市運動公園陸上競技場」へは、弘南鉄道弘南線という電車で「運動公園前」駅へ。陸上競技場は駅の目の前です。とっても便利ですねー。観戦でこれだけ電車のアクセスが良いのは、初めてでした。

会場に到着すると、いわきFCパークから今回運行されたバスツアーのみなさんや私と同じように電車組、車で移動された自走組、の方々。本当にたくさんの人でびっくりしたとの同時に、勝手ながら嬉しい気持ちも。良いなー、この雰囲気。

ブランデュー弘前さんのホーム会場の雰囲気作り、素敵でした。運営スタッフの方々やサポーターの皆さん明るく声をかけてくださいますし、美味しいスタグル、会場に入るときにプログラムを配布されているスタッフの明るさ、中にさりげなく入っていたリンゴジュースやリンゴパイなど、試合始まる前に、すでに来て良かったなぁと。

試合開始前、ピッチ内イベントとして「JUPING☆POMMES」さんと「弘前実業高校応援団」さんのチアが行われました。実はこのイベントで私は感動していました。ホームの弘前さんの盛り上げる企画、スタンドに向かって盛り上げようと笑顔でパフォーマンスするチアの皆さん、そして、そのイベントに立ち上がって手拍子や一緒に踊るいわきFCサポーターの皆さん、サポーターの皆さんのやや後ろから見ていた私は、その光景に感動してしまっていたのです。ここでまた、ああ、来てよかったなぁと。

その後、選手入場。最初に書いた通り、気温は30℃超え。スタンドにいる観客の皆さんも定期的に水分補給。定期的に冷たいタオルなどを、コールリーダーや太鼓の方に乗せてあげたりと、かなりの暑さになりました。これは、フィールドの体感温度は何度になっているのか?ピッチの選手は相当暑かったと思います。

前半からお互い前線へ長いボールが入る展開が多かったと思います。サイドの大きく空いたスペースへボールを供給、後ろから距離を縮め、押し上げる展開。これは前半から相当走っているので、後半、両チーム体力はどうなるのか?そんな展開で見ていました。ハーフタイムにサポーターの方とそういった話をしたことを覚えています。

前半13分という早い時間帯に、前を向いた14宮澤選手から、相手DFを背負いながらスルーパスを受け前を向いた10平岡選手がPKを獲得。平岡選手がPKを決めて先制します。ハイライトをあらためて見てみると、宮澤選手からボールが出る瞬間に、前を向きスピードを上げる平岡選手のスピードが速い。ぐんと前に出る感じがあった。ボールの受け方、走力、あらためて見るとすごくて、このプレイの感じ、見ていて楽しいです。

その後、両チームともにチャンスを作る展開。ブランデュー弘前さんの全体の押上とディフェンスラインと中盤の挟み込みの速さ、足元のボール保持のレベルの高さ、前線にボールが入ったときに数的有利を作ろうと走るいわき、弘前にボールが入ったときに、前で奪おうと向かう選手達。非常に暑い中で、両チームの選手達がとにかく走り、身体を張って守っていました。

後半、弘前さんの攻撃が多かった。私は前半、いわきは風下だったので、後半の方が弘前さんのエンドにボールが来ることが多くなるのではないかと思いましたが、そうでもなく、グラウンダーのボールとやや高いフィードボールを風でやや押し戻されるのを利用して、特に右サイドへボールを供給しチャンスを作っていました。

攻めるのも、守るのも、長いフィードボールから後半も走る選手達。その姿を見てスタンドから響く「いけー」「まもれー」の声。そんな展開の中、後半22分に流れの中から弘前さんが同点ゴール。こぼれ球を押し込む、これも走っていて、あの場所にいたから生まれたゴールでした。素晴らしい押し込みだったと思います。

いわきもその後、ゴールバーに当たるシュート、キーパーと1対1の場面を作りましたが、ゴールにはならず。両チーム、どちらに勝利が舞い込むのか?試合終了まで分からない試合展開でした。

結果は引き分け。試合終了後、両チームの選手達はピッチの上で倒れこむ選手がたくさん。どれだけ走っていたきつかったか、物語る光景でした。よく走った、身体を張った、ナイスゲームをありがとう!という思いです。

試合後、会場をあとにする際、ホーム運営スタッフの方々の「ありがとうございました」の声と表情をすぐに思い出すことができます。こちらこそ、この環境を作っていただいて、ありがとうございます、です。

地域スポーツの面白さ、がこれだなぁと思いました。この環境を作ることができる地域は、いろんな意味で強い!と。Jリーグのように何万人も入るわけではありませんが、距離感が近い、この規模の感覚で楽しさを提供できるというのは本当に面白いし、大変勉強になります。サッカー観戦には、こういった内容も盛り沢山です。大満足のアウェイ戦観戦でした。

帰りの弘南鉄道で弘前に向かうとき、いわきFCサポーターの方と一緒になり、また、弘前さんサポーターの方と同じ電車で挨拶する、そんな光景が弘南鉄道でありました。弘南鉄道→奥羽本線→東北新幹線→東北本線で桑折に到着したのは夜の10時前。新幹線とはいえ、なかなかの移動距離で疲れて、すぐに寝て、昨日は連休明けの仕事、そして、ブログが今日になったところです。当日に書けるようにしないと。。。

 

■毎週水曜日の朝、私が訪れた場所で見たこと感じたことを自由に書いた近況、最近食べた美味しいもの、最近気になるITや地域のニュース、などをメールマガジンnoteで配信中!