LINEを使ってお客さんに届けたいという相談(LINE公式アカウント)

前日の夜から桑折町も雪が降る予報でしたが、今日の夜まで雪は積もることなく、雪ではなく、みぞれが降るという時間帯はありましたが、雨でした。傘をさして長い時間を歩くというのはなかなか大変です。

電車と徒歩で移動して(あ、いつものことですが)、午前中にクライアント先でミーティング。このブログのタイトルにもあるとおり、「LINEを使ってお客さんに届けたい」という相談がありました。

LINEは、まわりを見ても利用している人が多いツールとなりました。Twitterやってる?Instagramやってる?とやってるかどうかを確認するツールが多いなか、LINEやってる?とは聞くことが少なく、やっているだろうなぁ、という予想ができるほどの普及率となっていますね。

企業も個人事業主もLINEでの発信が簡単にできます。しかもアカウントは無料から利用することができます。有料プランによって、配信できるメッセージ数が多くなるというのが大きなところでしょう。
https://www.linebiz.com/lp/line-official-account/

いまのところ、無料プランは、メッセージを月に1,000通まで送ることができます。1,000回ではなく、1,000通です。届けることができる人数の配信のべ数です。月に何回、情報をメッセージで届けたいかで、無料か有料かが決まってくるでしょう。

お客さんの中で、すでにLINEでの発信を行っている方々はいます。こういったツールは、管理者を数人で行うことができるので、私も管理者に追加してもらって、数字など見ています。どこいても、管理することができ、アカウントを作成することができれば、お客さんが投稿したものにたいする反応、どのくらい見られたのかの数字も、お客さん先に行かなくても、桑折町の部屋で確認することができます。

今回は、まずアカウントを作成するところを私が行い、今後の発信内容を考えていくという形です。こういった作成、自分でも出来るかと思いますが、日頃からツールに触っている人がやった方がスピーディーで、充実させることができることでしょう。

私もプライベートのLINEのほかに、もう一つ、事業としてのLINEアカウントをもっていますので、よろしければ「友だち」登録をお願いします。
https://t.co/WqpfocmyUU?amp=1

齋藤慎也 / 齋藤事務所代表
Twitter: https://twitter.com/shinnemonsan
Instagram: https://www.instagram.com/shinnemonsan/
Facebook: https://www.facebook.com/shinya.saito.773
メールマガジン: https://www.mag2.com/m/0001620220.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です