「ひとりで生きていく」ヒロシ著

芸人でソロキャンプユーチューバーのヒロシさんの新刊「ひとりで生きていく」を読みました。

ヒロシさんのYouTubeチャンネル「ヒロシちゃんねる」を以前からチャンネル登録して、動画が投稿されれば、ヒロシさんのソロキャンプの様子を楽しく見ていました。

また、最近、すでに出版されている2冊「 ヒロシの自虐的幸福論 (だいわ文庫) 」と「 働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける 」 も読んでいたので新刊が出ればぜひ読もうと思っていた。

ヒロシさんのTwitterもフォローしているので、新刊が出ることについては、すぐに知ることができました。

新刊の内容は、
第1章 人間関係は流動的なものと考える
第2章 ひとりで生きられる場所に逃げる
第3章 ひとりで死ぬためのお金の話
第4章 人生がときめく、ひとりぼっちの暇潰し

本のタイトルのとおり「ひとり」がテーマ。ヒロシさんは現在、大手の事務所に入っているわけではなく、ご自身の会社で仕事をされています。私もフリーランスで一人事務所のスタイルで仕事をしているので、現在の生活の共通点がいくつかありました。

最近、私は福島県内の低山を登る動画を撮影するようになり、少しずつYouTubeにアップしています。仕事関係でYouTubeのことを聞かれることが多くなったことなどがありますが、ヒロシさんのYouTubeの投稿を始めたことを書いていた以前の書籍を読んで、私もやってみようと思ったキッカケにもなりました。

今回の新刊でも、生活スタイルのヒントがたくさん書かれており、私の中で、「この方向で良い!」とあらためて思ったことも多かったです。オススメの一冊なのでブログに書きました。



我が家にあるヒロシさんの本たち

斎藤慎也
Twitter
https://twitter.com/shinnemonsan
Instagram
https://www.instagram.com/shinnemonsan/
Facebook
https://www.facebook.com/shinya.saito.773
YouTube
https://www.youtube.com/user/shinemonsan7/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です