斎藤 慎也 の紹介

福島ロイヤルティコンサルティング代表。 福島県在住。福島東高校卒サッカー部OB。直江兼続公を尊敬する。 四国八十八ヶ所巡礼1回。 ITコンサルティング、有料メルマガ、などやってます。

ふるさと納税の商品をブログで商品埋め込み紹介できます(桑折町)

「 国地方係争処理委員会は、総務省がふるさと納税の新制度から大阪府泉佐野市を外したことは再検討が必要とした。 」

というニュースが最近入ってきました。

泉佐野市除外の再検討勧告 ふるさと納税で係争委 総務省対応に違法の恐れ – 産経ニュース
https://www.sankei.com/politics/news/190902/plt1909020015-n1.html

この報道により、そういえば地元のふるさと納税ってどうなってたかな?とあらためて調べた人もいたのではないでしょうか?私もその一人です。

いつも購読しているブログがあるのですが、そのブログ記事に、その方のゆかりの地域のふるさと納税の商品へのバナーが設置されていました。こういう紹介の形もあるのだなぁと。

地元で発信している人がこういった紹介の形がとれるというのも面白い。ということで、私も下に貼ってみます。

ふるさと納税に桑折町の日本酒「辛口桑折」があります。

伊達市は「福島りょうぜん漬」さんの詰め合わせがあります。

 

■毎週水曜日の朝、私が訪れた場所で見たこと感じたことを自由に書いた近況、最近食べた美味しいもの、最近気になるITや地域のニュース、などをメールマガジンnoteで配信中!

 

ここにあれがあったらと思った桑折駅

電車で移動していることが多いので、自然と桑折駅に足を運ぶ。車移動の場合は、家から目的地、となるが、電車移動は、家から出発駅そして到着駅から目的地、と必ず駅を経由することとなる。通学や通勤で利用している人にとっては、駅の存在はあたりまえのように足を運ぶ場所だろう。

桑折町で生活するようになって、桑折駅は自宅の次に足を運ぶことが多い場所になっているだろう。実家に行くより駅に行く回数は多い。

そして、電車に乗る場所、というのも自然と決まってくるのだが、ふと、「ここにあれがあったら良いなー」と思ったので写真を撮ってみた。

この場所なのだが、さて、私は何があったら良いと思ったでしょう。また、ご覧になった方は何があったら良いと思うでしょうか。「あったらいいな」を考えるのは楽しいし、考えるということは大事なことだとも思う。

私はここに「ベンチ」があったらいいな、と思った。理由は次の写真をご覧いただきたい。

もしベンチがあったら、と考えながら、視線を座ったくらいにしゃがんで撮影した。在来線ホーム、同じ高さにある新幹線ホーム、そして、その奥に半田山をはじめ、キレイな山々が見える。ここからの景色がとても美しい。早めに駅に到着した場合、ここで景色を眺めながら時間を過ごしている。

ここにベンチがあったらいいなぁ。


 

メールマガジン Vol.302 配信のおしらせ

メールマガジンとは関係ありませんが、今日、福島市内を歩いていて見えた信夫山をパシャリ。右から左まで歩いてみたいと思いながらパシャリと。

今週もメールマガジンの原稿書きを無事に終わりまして、先程、配信予約作業も完了しました。明日の朝、予定通り配信開始されます。今週号で302回目になります。300回になったと思ったら、もう302回。

こんな感じに毎週必ずやってくるメルマガ曜日。自然と回数が増えていくことに、継続のパワーはすごいなぁと。配信数を掲載してきたというのも良かったです。掲載していなければ、数が分からなかったです。笑

購読のご登録はコチラ。初月無料です。登録した月にすでに配信されているものは登録したらすぐに届きます。

■毎週水曜日の朝、私が訪れた場所で見たこと感じたことを自由に書いた近況、最近食べた美味しいもの、最近気になるITや地域のニュース、などをメールマガジンnoteで配信中!