いわきFCと共に過ごした一日

おはようございます。4日連続で朝に書いています。前日のことを思い出しながら書くというのは良いものですね。昨日は、いわきFCのJFLリーグ・アウェイ戦が午後6時から行われました。

このブログのタイトル「いわきFCと共に過ごした1日」というと、大きな感じですが、詳しく言うと「いわきFCのTシャツを着て過ごした1日」でした。日頃からアンダーアーマーのTシャツを着て、仕事に行くことが多いですが、昨日はアウェイ戦の日だったので、いわきFC&アンダーアーマーのTシャツにしました。

このTシャツを購入したのは、もう3年か4年ほど前でしょうか。試合観戦の際、試合中は赤のユニフォームを着て応援し、会場に行くとき、試合後に帰るとき、はこのTシャツになって移動。何度も着ているTシャツです。会場に足を運ぶことが出来ない日も定期的に着ています。

いわきFCのことを全く考えない日は無い。くらいに私にとって、とても大きな存在になっているわけですが、昨日はとくに考える日となりました。応援しているチームがあるというのは、私の人生に大きな影響と勇気と刺激を与えてくれます。そんな昨日のアウェイ戦・東京武蔵野ユナイテッドFC戦、2-1でいわきFCの勝利となりました。ハイライト動画がアップされたので設置しておきます。スタッフさん編集ありがとうございます!!

個人的に一つ気になったことがありました。このハイライトの最後の映像にもありますが、試合終了間際、ロスタイムになってから、コーナー付近でキープしています。これは私が好きないわきFCの戦術ではありません。たとえリードしていても、次の点を取りに行く、最後まで攻撃枚数をかけて攻める、という姿がこの試合の終了間際にはありませんでした。

勝つためには必要な戦術です。それは否定しません。結果、自分のゴールから一番遠いところで倒れないキープをして、試合終了まで時間を使うことができました。ただ、私はこの戦術は、以前のいわきFCの姿ではないです。3点目を奪取しに走ってほしかったです。みなさんはどう思いましたか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です