LINEのニュースを聞いて

中国の技術者がアクセスできた状態、韓国でのデータ管理、などLINEの管理状態が報道されて、LINEって大丈夫なの?という感じになっていますが、私からすると、「なにをいまさら」感です。だいぶ前から私は不安でした。

具体的には分からないものの、日々情報収集している中でLINEについて、注意しておいた方が良い、というのは考えていたことです。だからといって使わなくなることはなく、国内のユーザー数から考えると、注意しながら利用した方が良いと判断しています。

ただ、クライアントとの連絡はできるだけLINEは利用せず、連絡にLINEを利用する場合は、日程の確認などにし、企業内部の情報などには利用しないようにしています。別に国内のビジネスチャットを利用してもらうようにしている理由はここにあります。

プライベートはLINE、ビジネスは国内チャット、とすることにより、社員の方々もメリハリがつくので、国内チャットの導入を進めています。

ちなみに、オンライン会議の「ZOOM」も注意が必要と考えています。国会や行政などで利用しているのが、私は信じられませぬ。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です