梁川美術館「橋本広喜 墨彩展」を見てきました。

先日、梁川美術館へ。「橋本広喜 墨彩展」を見てきました。チラシには、阿武隈急行が描かれています。ぱっとみて阿武隈急行とすぐに分かるのは、私を高校時代から現在になるまで何度も私を運んでくれている電車だからでしょう。そんな電車がどのように描かれているのか?

また、桑折町の半田山も描かれている絵があるというのを福島民友新聞に掲載されていたので、半田山も見たいと思い足を運びました。

福島県内を描いた版画(シルクスクリーン)やTVCMで利用された原画、イラスト・童画・絵本、中国や海外のもの、福島県内各地や伊達地域の墨彩画など、多くの作品が展示されていました。

実際に足を運び見たことのある風景を橋本さんの絵を観ながら感じるもの、良い時間でした。気持ちが落ち着く、そして、また足を運びたい、と思ったものです。

この企画展、今度の日曜日6月9日(日)までとなっています。お時間ある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

企画展「ふくしま彩歳 橋本広喜墨彩展」 – 福島県伊達市ホームページ
https://www.city.fukushima-date.lg.jp/site/y-museum/34237.html

橋本広喜さんのホームページ
https://emukobo.club/

▼斎藤慎也
毎週水曜日、訪れた現場のこと、食のこと、1週間のIT情報など、メールマガジンを配信しています。540円/月(初月無料)。
https://www.mag2.com/m/0001620220.html

Twitter : https://twitter.com/shinnemonsan
Instagram : https://www.instagram.com/shinnemonsan/
Facebook : https://www.facebook.com/shinya.saito.773

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です