鳥取県に訪れたのは高校1年生のとき。

先日、鳥取県と高知県からのアクセスがこのブログにないので、訪れたときの思い出の話を書こうと言いました。
と、書いた翌日に鳥取県からアクセスがあってビックリしたところ。

鳥取県に訪れたのは、高校1年生のとき。
夏のインターハイ、サッカーで福島県大会を優勝した福島東はインターハイ出場を決めた。
その大会場所が鳥取県だった。
高校1年生のときに、ぎりぎり20人のメンバーに入っていた。
試合に出場する可能性は非常に少ないが、メンバーとともに移動し、練習に参加した。

「スタバはないけどスナバはあるよ」
と鳥取県の平井伸治知事が情報発信し話題になった。
そのスナバは鳥取砂丘であり、大会にのぞんだ福島東の宿泊先はその「スナバ」の近くだった。
毎朝、全員でスナバに行き、体操やミーティングなど数日行なったことをおぼえている。
スナバで行なう体操やミーティングには、福島県から訪れている取材陣が私たちに注目する。
福島県の代表となり、全国大会を闘うというのはこういうことなのだと、
高校1年生で、中学時代に一番結果を出した福島県大会ベスト8だったのが、
入学してすぐの夏に、全国大会に出て注目されるというのを実感した一つの場所が「スナバ」だった。

あれから、約20年になる。
あの時以来、訪れていないことに気付く。
あの「スナバ」と「すなば珈琲」に行ってみたい。

 

Facebookページはじめました。Facebookページはじめました。
saitoshinya.com ページ

【メールマガジン毎週水曜日配信中】
https://saitoshinya.com/?page_id=49

【メールマガジンライブ・スケジュール】
https://saitoshinya.com/?page_id=4430

 

斎藤慎也

Twitter:https://twitter.com/shinnemonsan

Facebook:https://www.facebook.com/shinya.saito.773

Instagram:http://instagram.com/shinnemonsan/

Mail : info@saitoshinya.com

 

 

このブログを日本全国で届けられていない県へ届けるために。

このブログ。ここ1ヶ月で日本全国の方々にご覧いただいています。
誠にありがとうございます。

Googleアナリティクスのアクセス解析を設置しておくことで、
国内都道府県、市町村からアクセスがあるのか、
また世界のどこからアクセスがあるのか確認することができる。
ちなみに世界だと、アメリカからのアクセスが一番多く、
全体で28の国と地域からアクセスされています。

国内で一番多いアクセスは東京からで、次に福島からです。
そして驚きなのが3番目に多いのが大阪から。
大阪市福島、の地域があるからでしょうか。
検索エンジンからの流入が多いです。
理由は大阪市福島と福島違いなのかもしれませんが、
大阪の方々に福島県で書かれているブログをご覧いただいているのは、
ありがたいことです。
平均ページセッションを確認すると、1ページ以上見てもらっているので、
サイトに訪れて、他のページも見てもらっていることが分かります。

さて、全国各地から訪れてもらっていますが、
最近1ヶ月でみますと、2つの県からアクセスが無いことが分かります。
上の画像の白の地域。鳥取県と高知県です。

届けたいユーザーはどこにいるのか?そして、どこに届けたいのか?
サイト運営では基本的なところであり、
クライアントとよく話になります。
また、ご相談をいただいた方と最初にヒアリングさせてもらう中で、
必ずお聞きする内容です。

鳥取県、高知県は直接的に私の仕事につながる地域かどうかは難しいかもしれませんが、
ぜひこのブログ、福島のことなどを届けたいという気持ちは強いです。

では、どうしたら良いのか?

考えてみました。

それは、どちらも私は訪れたことがある場所なので、
訪れたときのことを書いてみるのはどうかと。

鳥取県には高校1年生の時にインターハイでサッカー福島県代表として出場した全国大会の場所。
高知県には、大学時代に四国一周。20代真ん中あたりに四国八十八ヶ所巡礼した時に訪れています。

鳥取県と高知県について、今後書いてみたいと思います。

 

 

Facebookページはじめました。
saitoshinya.com ページ

【メールマガジン毎週水曜日配信中】
https://saitoshinya.com/?page_id=49

【メールマガジンライブ・スケジュール】
https://saitoshinya.com/?page_id=4430

 

斎藤慎也

Twitter:https://twitter.com/shinnemonsan

Facebook:https://www.facebook.com/shinya.saito.773

Instagram:http://instagram.com/shinnemonsan/

Mail : info@saitoshinya.com

 

 

求人サイト「日本仕事百貨」は企業サイトをメディア化するヒントがある。

企業サイトのメディア化が進んでいる。形がきまっていたり、項目がきまっていたりする内容に加えて、メディアのようにテキストを多く盛り込み、雰囲気を伝えるようなサイトが企業のサイトでも増えてきている。ホームページを持つのは当たり前で、その次のステップに入っていると言えるだろう。

以前から知っていた「日本仕事百貨」という求人サイト。先日27日の産経新聞に、運営会社「シゴトヒト」の中村健太代表取締役のインタビュー記事が掲載されていた。なるほど、伝え方で求人のミスマッチを解消したいという。

「日本仕事百貨」のサイトは、いろんな業種で参考になる掲載の方法ではないか。勤めている会社の業種、自分が定期的に探し新しく訪れるお店の雰囲気、例えば、美容室だったりカフェだったり引越する時に探す賃貸物件だったり家電だったり、あげれば沢山出てくる。それぞれ、どんな人なのか?どんな雰囲気のお店でどんな人がバリスタをしているのか?気になる賃貸物件はどんな場所で周辺環境はなにがあって部屋にはどんな特徴があるのか?欲しいと思っている家電は、このお店ではどこをオススメしているのか?すべてミスマッチを減らしたいと思うだろう。

それぞれ、詳しくそれらがよく分かるように掲載されていれば、気になった商品・サービスがますます気になることになる。これを別にブログを使って発信しましょう。というのが、いままで多かったケース。それが「日本仕事百貨」のようにサイト自体をメディア化しブログ化するように企業サイトがなってきている。その中でもこのサイトのクオリティは高く、取材をされている方も楽しそうに感じ、取材を受ける人達の表情も明るい。サイトを見て「こんな人達とこの場所で働きたい」と思う人が多くいるのではないだろうか。

そして、私もこのサイトをメディア化し各地域の話などを写真を多く使って伝えていきたいと考えている。それが自分の仕事を伝えることになっていると思う。

そして、この記事最後に、企業サイトをメディア化したい方はお気軽にご連絡ください。
と、たまには営業してみる。笑

 

<参照サイト>

■「日本仕事百貨」を運営するシゴトヒト・中村健太代表取締役のインタビュー記事
働く人の思いや雰囲気も取材し伝える求人サイト(1/2ページ) – 産経ニュース

日本仕事百貨サイト

 

Facebookページはじめました。
saitoshinya.com ページ

 

【メールマガジン毎週水曜日配信中】
https://saitoshinya.com/?page_id=49

 

斎藤慎也

Twitter:https://twitter.com/shinnemonsan

Facebook:https://www.facebook.com/shinya.saito.773

Instagram:http://instagram.com/shinnemonsan/

Mail : info@saitoshinya.com