メールマガジン Vol.302 配信のおしらせ

メールマガジンとは関係ありませんが、今日、福島市内を歩いていて見えた信夫山をパシャリ。右から左まで歩いてみたいと思いながらパシャリと。

今週もメールマガジンの原稿書きを無事に終わりまして、先程、配信予約作業も完了しました。明日の朝、予定通り配信開始されます。今週号で302回目になります。300回になったと思ったら、もう302回。

こんな感じに毎週必ずやってくるメルマガ曜日。自然と回数が増えていくことに、継続のパワーはすごいなぁと。配信数を掲載してきたというのも良かったです。掲載していなければ、数が分からなかったです。笑

購読のご登録はコチラ。初月無料です。登録した月にすでに配信されているものは登録したらすぐに届きます。

■毎週水曜日の朝、私が訪れた場所で見たこと感じたことを自由に書いた近況、最近食べた美味しいもの、最近気になるITや地域のニュース、などをメールマガジンnoteで配信中!

 

メールマガジンの配信、300回超え。継続できている理由はただ一つ。

昨日の夕方、お客さんとのミーティング後に福島駅前に移動。珈琲グルメで一休みのブレンドコーヒー。美味しかった!という写真である。

毎週水曜日の朝、有料のメールマガジンを配信している。毎日、情報収集してITの情報、福島のこと、地域のこと、スポーツのこと、など気になった情報をメモしておいて、水曜日にそこから選択する。

また、私が実際に足を運んだ地域で見たこと、聞いたこと、感じたこと、良いこと、悪いこと、を自由に書いている場所。ブログやSNSにもやや自由に書いているが、このメールマガジンの方が、さらに自由に書いている。書いていることで購読している読者の方々に考えるキッカケ、そして、旅に出ている感覚になればと思っている。

先週号で300回目の配信となった。2013年12月4日に創刊し、毎週こつこつと配信してきて5年以上となり、回数も300回を超えた。今週号が301回目となった。

ここまで継続できている理由はただ一つ。「読者が一人でもいれば継続する。」ということ。創刊号の内容を久しぶりに読んでみると、この「継続」というキーワードを5年以上前に意識していたことが分かる。

原稿を書く時間を時給に計算すると?とか、赤字ではないか?とか、そんなことを考えることもあったが、そんなことは正直どうでも良い。読んでくれている「読者」の方がいる限り、配信をし続けるというだけ。

「継続」できるペース、というのも、ここ5年で身につけた一つだろう。自分にできること以上のことをしようとすると継続できない。毎回、そうとうしんどくなる。毎週、しんどい思いをしていないと言えば嘘になる。原稿を書くというのは、どんどん書き進められる楽しさもあれば、途中でピタっと止まってしまう苦しさも毎週あるのだ。

あとは原稿を書く時間を確保するということ。水曜日の朝に配信するので、火曜日の夜までに原稿を書き、配信予約を完了させる。火曜日の午後には、できるだけ人と会う時間とはせず、原稿を書く時間にしている。スケジュール管理している手帳やクラウドには、毎週火曜日の午後には「メルマガ」と書きこまれている。

そんな毎週やってくるメルマガ曜日の水曜日。火曜日の夜に配信予約が完了すると、ほっとする時間となり、水曜日からクライアントとのミーティングが日々入っていく。

そんな水曜日の次の曜日、木曜日を今、過ごしている。今日もミーティングなのだ。

 

■毎週水曜日の朝、私が訪れた場所で見たこと感じたことを自由に書いた近況、最近食べた美味しいもの、最近気になるITや地域のニュース、などをメールマガジンnoteで配信中!

 

 

メールマガジン Vol.296 配信のお知らせ

明日、水曜日はメールマガジン配信の日。今週も本日、原稿を書きまして、予約配信を完了しました。予定通り明日の朝7時から配信します。

まぐまぐでは朝7時から
https://www.mag2.com/m/0001620220.html

noteでは朝9時頃に投稿予定です。
https://note.mu/shinnemonsan