【いわきFC】WALK TO THE DREAMチャリティーマッチ2018 vs FC今治 の試合を観てきました!(H30年8月19日)

昨日19日(日)、いわき市のいわきグリーンフィールドで行なわれました「WALK TO THE DREAMチャリティーマッチ2018」に行ってきました。

 

いやぁ、到着してから、試合中、試合終了後、ずっと楽しかったです。
会場に到着したのは、試合開始のまで1時間。スタンドの外に出ているブースには列が出来ていたり、「LOVE iWAKI」ブースで来場ポイントをゲットしてから、まわりを見ると、試合会場でお会いする方々と再会の握手。顔を覚えてていただけることが本当に嬉しいです。
日頃はTwitterやInstagramで発信を見ているので、その話題から入るのも楽しい。時代ですね。

サポーターの皆さんがいる場所にバックスタンドの入口から入って、正面に見えるメインスタンドを見ると、かなり席が埋まっている!!そして、右側のゴール裏を見ると、たくさんの赤いユニフォームを着たサポーターの皆さん。左側のゴール裏を見ると、遠いところ駆けつけたFC今治のサポーターの皆さん。こういった空気感や現場感というのは、実際に足を運ばないと感じることができません。
いま思い出すと、その光景をしばらく立ち止まって見ていたような気がします。

試合は1点が取れるか取られるか、緊迫したゲーム。結果0-1でFC今治が勝利しました。前半はいわきFCのゴール裏で観戦。後半はバックスタンドから見たいと思いまして、後半最初から20分過ぎまでバックスタンド中央で観戦しました。
FC今治、強かった。とくに攻撃と守備の切り替えの速さ。ぐんと前に出るパワーとスピードがあるように感じました。もちろん、いわきFCのフィジカルと走力も負けていませんでした。どちらもグンと前に出る力とスピードがいろんな局面で見ることができて、とても面白かった。

また、チャリティーマッチでリーグ戦やトーナメント戦のような試合ではありませんが、FC今治のチーム全体が真剣にゲームに取り組んでいるというか(こんなこと言っては失礼かと思いますが。)、観戦に訪れた観客に良いプレイを見せるというプロの意識が伝わってきました。
その意識に負けない意識のいわきFCのプレイ。その良いプレイの両チームに声援を送る観客席の皆さん。素晴らしいゲームでした。

メインスタンドで見た20分ほど。私の前には真剣にゲームを見て、1つ1つのプレイに感想を近くの仲間に話しているいわきFCアカデミーの若い選手達がいて、とても素敵な光景でした。

いわきFCとFC今治の選手達がフィールドをバナーウォークで一周。スタンドから両ゴール裏からバックスタンドからたくさんの声援。両チームの選手が一緒に歩く光景。とても感動的でした。そんな姿を写真撮らねばと撮影。

またこの光景を見たいと思いながら、空気の余韻にひたりながら、サポーターの皆さんとスタンドをあとにしました。
選手・スタッフ運営の皆さん、サポーターの皆さん、FC今治のみなさん、ありがとうございました!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です