衆議院選挙まで、あと2日。

10月20日(金)更新。今日も朝というほど早いわけではないが、午前中にパソコンに向かってブログを書いている。昨日なにをしてなにを感じたか、今朝の新聞やネットの情報収集からなにを知り、なにを感じたかを考える時間になっている。

衆議院選挙まで残り2日となった。メディアでは、台風21号が日本列島を週末に近づくということで天気が投票日の22日に荒れるのではないかと予想され、投票率が下がる可能性があるとのこと。

22日に投票に行くと考えている方も、できるだけ期日前投票に行くようにしましょう、となっている。それにしても、会場に雨が降って行けない、という状態というのはどのくらいの状態なのか?実は地方で車で投票に行く方々にとっては、雨というのはそれほど気になるものでは、ないのではないか。

私が投票する梁川町の投票所は、大きな駐車場があり、入口の前の駐車場が埋まっているとしても、少し待てば空く。そんな光景をよく見ている。

東京での投票も経験があるので、このあたりはたしかに感覚が違う。東京の投票所、当時は品川区に住んでいたので、投票所が小学校だったのだが、駐車場があったかどうか記憶にないし、みんな歩いて訪れていた。これを思い出すと、雨が降ると投票率が下がるというのも分かるような気がする。

とは言いつつ、雨が降ったから投票しない、というのは無責任であるし、意識が低過ぎる。国をどの政党、どの候補者にまかせるのか。どのくらいの雨になるか分からないが、ここまで書いてきて、たしかに暴風雨の天気になると事故の可能性が出てくる。今日、明日の天気や天気予報から考えて、当日か期日前かを判断したい。

昨夜、作家の竹田恒泰さんが自身の竹田恒泰チャンネルで、各政党の選挙公約のパンフレットを紹介していた。それぞれのパンフレットが手元に無い私は大変参考になった。

ここで一つ書かせてもらうが、福島人、東北人としても大事な東日本大震災からの復興のことだが、希望の党は全く書かれていない。そして、私も手元にある新聞折込に入っていた比例代表選挙の選挙公報を確認したら、東北選挙区用の選挙公報で、全く書かれていなかった。希望の党から出馬する方々はこのあたりをどう考えているのだろうか。選挙公報が手元にない方はホームページで確認してもらえると分かるだろう。

ぜひ、情報は自分から取りに行く、テレビから流れてくるものを疑う、をオススメしたい。

 

桑折町で献上桃ソルベに続き、献上桃グミが発売されるとのこと。

10月19日(木)更新。今日も朝に書いている。今日の最高気温は福島で11℃と、11月下旬並ということで寒い一日になりそうだ。部屋には久しぶりに暖房を入れている。

さて、今朝の福島民友新聞を読んでいたら、桑折町が献上桃ソルベというアイスを以前に発売して人気になっているが、さらにグミを発売するという記事を発見。11月6日から発売されるという。その前に4日に開催される「献上桃の郷 西根堰ふるさとウォーク」の会場で参加者にプレゼントされるようだ。

商品名は「献上桃の郷 至福の桃グミ」。分かりやすいストレートな名前だ。発売前のイベントで最初に参加者に届けるというのも、またなかなか粋な計らいではないだろうか。ウォークに参加しようと考えていた人もグミがあることで後押しになることもあるだろう。

現在、桑折町の旧伊達郡役所と種徳美術館で「西根堰」の歴史展示が行なわれている。先日、訪れて歴史を学んできた。直江兼続公の書状もあり、感動してきたばかりだ。歴史を学び、ウォークラリーがあり、アイスに引き続きグミの発売。連動とスピード感を感じるのが桑折町。

私が幼稚園から小学校1年生の夏まで過ごした地域であるということ、友人の出身地であるということ、福島市内から車で帰る際は通り道になり寄ることも多い、ということからか桑折町には昔から縁を感じており、注目している地域だが、こういった動きは素晴らしい。

「至福のグミ」発売されたらぜひ食べてみたい。

 

私の商品でだれでも購入できるものがメールマガジン

10月18日(水)、今日も朝に書いている。ここ最近、このルーティンが良い、そして楽である。

今日、水曜日は毎週配信している有料メールマガジンの配信日。今週号では、いわきFCや衆議院選挙、訪れたお店、ここ1週間で気になるニュースや記事、などを私見たっぷりで自由に今週も書いた。

このブログのタイトルになっているが、私の商品やサービスの中で、「誰でも」購入できるものが、このメールマガジンである。このブログやTwitterなどで書いているものはもちろん誰でも見ることができるし、誰でも無料で見れるというのは、どうしてもこれ以上は書けないし、多くの人に知られたくない、という情報もある。これは誰でもあることだろう。

自分の人生で経験したモノやコト、長い年月をかけて積み重ねてきたもの、を気軽に教えることに、どうかなと思う人も多いのではないだろうか。私の仕事は情報収集からクライアントへ提供するものの引き出しを埋めていき、必要なときに引き出しから良いと思ったものを引き出し、形にしていくことだ。ときどき、私の日頃の仕事を知ろうとせず、コンサル契約もかわしていないのに、ねほりはほり聞いてくる人がいるが、そういった方は相手の時間を大事にせず、自分が知れるチャンスばかり狙っており、「儲かる」が優先した感じであり、コンサル契約もする気にはならない。

話しを元に戻すと、こういった日頃仕入れている情報を提供できる場所を、クライアントだけでなく、誰でも知ることができる場所を作りたかった。それが有料メールマガジンだった。ものづくりで提供できる方々はスゴい、そして羨ましいと思う。それができない私ができることが、日頃のことを有料で購入してじっくりと読んでいただく読者の方々と共に、最近の情報や最近の福島を考えるということだった。

今回の配信で205回目。205週、休み無く配信を続けてきてこれているのも、購読してくれている読者の方々がいらっしゃるから。その方々のためにも、配信した今日からまた一週間、日頃の体験で何をお伝えすれば良いのか、情報収集したり、動いたり、の日々が始まる。

メールマガジンの購読のご登録は下記、まぐまぐのサイトからどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001620220.html

 

いわきFCの全社2017の戦い

昨日に引き続き朝に書いています。全国的に寒くなった昨日、今日の朝も福島は寒く、布団から出にくくなる季節に入っていきます。でも、昔から朝は弱い方では無いので良かったなと。これは高校時代の朝練の習慣が今も慣れになっているかもしれないです。当時、6時過ぎの真っ暗から阿武隈急行に乗り、電車の中で朝日を見ていた時代を思い出します。

先日、いわきFCが出場しました全社(全国社会人サッカー選手権)2017。結果はご存知の方、多いと思いますが、2回戦で関西地区代表で京都府のアミティエSC京都にPK戦の末に敗れました。当日、「いわきFC TV」で生中継で観戦しました。いわきFCの全社の戦いは昨年に引き続き2年連続でしたが、昨年と明らかに違ったのが注目度。天皇杯でコンサドーレ札幌を敗り、一気に名前が全国区になったと思います。

これは私の予想でしかありませんが、アミティエSCがいわきFCをかなり研究したのではないかということです。情報が手に入れやすくなったこの時代。ITの仕事をしていてとても良いことでどんどん普及してほしいと思い生活しています。もちろんいわきFCの試合がネットのアーカイブでも観ることができるようになっています。

フィジカルの強いいわきFCに対してアミティエSCのフィジカルも強かったです。ボールにアクションを起こす瞬間のバチ!としたところや、ゴリゴリと押していくところなど、なかなか先にお互い進めない場面を多く見ることができました。見ていて楽しい、本当に緊迫した良い試合でした。両チームともにチャンスをつくり、シュートまでいきました。キーパーのスーパーセーブも両チームありました。

いわきFCを応援している自分として反省するところがあります。それは、準決勝、決勝まで行けば、いわきFCパークのパブリックビューイングか現地に行こうと思っていたところです。1回戦や2回戦でも行けないことはなかった。それでも、準決勝や決勝まで行けば、と考えていたのは、そこまで行けるだろうと想像していたのです。ある意味では、そこまで行くと信じていたと言えるわけですが、その考えは自分としては反省です。一戦一戦大事に貴重な試合と思って行けるときには行く、と応援する側としては考えなければならないです。今回PK戦で敗れた瞬間に、私はいわき市にも福井にも、どちらにも行けるタイミングを自ら失っていました。

「行けるときには行く」

引き続き、いわきFCを応援していきます。

 

広告を無しにしました。

10月16日(月)、珍しく朝に書いています。週の始め月曜日。すでに、朝の情報収集やなにやらでいつも通りの朝を過ごしていました。そこにブログ発信をしようとふと思ったわけで。

発信しようと思ったのは、昨日書かなかったから、タイトルは決めていて下書きにしておいたから、の2つであります。

気付かれた方もひょっとするといるかもしれませんが、各ブログの下や右メニューやフッターなどに設置していた広告を無しにしました。

理由は、読んでいて邪魔になるかな、とか、記事と関係ない広告バナーが表示されたり、まぁ、いろいろですが、このブログは「私」が書いていることであるので、他のことが出てくるというのは、どうなんだろう、とふと思ったわけであります。(なにか広告の方法などで今後変化があれば、また考えますが)

広告による収入ですが、アクセス数やページビュー数に比例しているので、アクセスが多いときには少しありますが、収入のなかでの大きなものではありません。いまのバナー広告の実際の数字の分析、実験みたいなものが大きかったです。これは他のサイト媒体でも数値はとれるので、私のブログでやる必要はないかな?と。

あと、広告が設置されていると、世の中に出ている無料ブログと同じようになってしまうというのも、自分の中でどうかな?とも。まぁ、無料ブログでやると広告収入が運営会社に入ってしまう。それだったら、自分で広告収入を得ようというのが導入のキッカケでもありました。もう5年くらい前ですかね。

ネット上での広告の出し方というのは、いろいろ変わってきていて面白いものです。数字の変化から見ても面白いものです。これからも面白い世界でございます。

ごきげんよう(最近、朝に「花子とアン」の再放送を視ております。)