駅に歴史あり(会津坂下駅)

私は駅が好きだ。車で旅行したときも、旅行先の駅の駐車場に車を停めて、駅の中に入り駅舎の外観から中にあるポスターやチラシ、観光パンフレットなどに目を通す。駅はその地域の情報を一気に仕入れることができる場所であり、人が集まる場所でもある。

その中でも駅は地域の歴史を伝える場所でもある。上の写真は、昨日、会津坂下駅で撮影した駅名由来の看板。会津と越後を結ぶ越後街道で、塩や海産物を運ぶ「塩の道」としてたいへん重要な道だったこと。慶弔16年の大地震で以前あった道が通行不能となり、その後、会津坂下町周辺が宿場町として栄えたという。

会津坂下駅は大正15年(1926)に開業している。こういった情報はインターネットでも確認することができるが、実際に駅に足を運び、自分の目で見て、設置されている看板を見ることで、感じ方も違うだろう。会津と越後の歴史が大好きな私には、たまらない案内板である。

地域の電車は、本数が減り、廃線になるところもある時代になっている。廃線になると、駅を残す、というのも大変なことかと思うが、本数が減るという路線は駅は残るケースは多い。駅に歴史の情報を掲載、読みやすく修正したり、新しくしたり、というのはどんどんしていってほしいと駅ファンの一人として思う。

人口が減り、駅を利用する人が減ってるが、駅の可能性というのは、まだまだあると考えている。車社会となって、自由に通りたい道を通って行く形とは違い、電車を利用している人は駅を必ず通る、駅で電車を待つ、というのは必ずあること。ここの可能性、地方駅もまだまだあるのではないだろうか。

先日、いわきFCの全社東北予選で訪れた山形県鶴岡市の鶴岡駅もなかなか面白かったなぁ。地方駅の中では結構大きな駅舎や駅前だったけど。

■毎週水曜日の朝、私が訪れた場所で見たこと感じたことを自由に書いた近況、最近食べた美味しいもの、最近気になるITや地域のニュース、などをメールマガジンnoteで配信中!

 

帰りの只見線の電車の中でブログ書きました。今日も磐梯山、美しかった。

※帰りの只見線の電車の中で書いたブログを、自宅に戻ってきてからアップしています。

現在、只見線で桑折町に帰る途中で書いています。出発前はガラガラだったボックス席に座り、出発直前になって、周りのボックス席は地元の高校野球部のみなさんでいっぱいになりました。私、囲まれている感じです。笑

“帰りの只見線の電車の中でブログ書きました。今日も磐梯山、美しかった。” の続きを読む

10月1日は全国一斉日本酒で乾杯!「日本酒の日」である。2017年、会津では鶴ヶ城本丸で乾杯!

今日は午後から明日の朝に配信するメールマガジンの原稿を書いていました。明日配信する内容は、先日ブログに書いたバスの話、移動の話、をもっと具体的に書きたいことを書いています。

“10月1日は全国一斉日本酒で乾杯!「日本酒の日」である。2017年、会津では鶴ヶ城本丸で乾杯!” の続きを読む

会社だけでなく地域のことも知ってもらいたい

今日は会津で打合せでした。先日ブログにも書きましたが、移動は電車とバスが中心です。JR磐越西線から見える会津磐梯山、猪苗代湖、会津盆地、景色によって色の違う田んぼ、全く飽きません。

しかし、ずっと会津の景色に見とれているわけにもいかず、電車内では新聞や書籍を読んだり、スマホでメールをさばいたり、情報収集したりと、やること沢山ですので、景色はほどほどにです。

面白いもので、これだけ磐越西線に乗っていると、ここを過ぎるとこっち側にお気に入りの景色が見える、と自然に分かってきているものです。これは自分で作ってきたものだと思います。そして、毎回、いろんな発見があるので、見たい景色が増えてしまう。見とれる場所が増えていくので困っています。笑

さて、私の仕事の一つに、クライアントのホームページやブログを沢山の方々に見てもらえるようにしていくというのがあります。キーワード検索でヒットしやすいキーワードは何か?を調査したり、それに合わせてホームページやブログの中を修正していくというものも、仕掛けの一つです。いわゆるSEO対策というやつです。

今はそれだけでなく、SNS(TwitterやFacebookなど)の仕掛けも必要になってきていますね。全部含めて、どうすれば、世の中の方々にホームページやブログの存在を知ってもらうかということになります。

そこで、私が考えているのが、会社を知ってもらうための仕掛けはそうですが、会社のある地域も知ってもらえるようにするということです。これは、打合せの際に必ずと言っていいほど話しています。地域でイベントがあったりしたときには広報する、地域の歴史を伝える、地域のお気に入りの場所、などなど。

地域で発信すること、人が増えれば、地域を知ってもらえる可能性は高くなります。発信するツールを持つことによって、それが出来ることになります。

今日も会津の打合せで地域のことを沢山聞かせていただきました。そして、発信できる内容が増えたと思います。

 

磐梯山は雲で全体は見えず。しかし、美しい。手前の道から全て美しい。

 

電車のドアから見えた景色。ドア枠まで撮影すると雰囲気出たかな。

 

土用の丑の日に、静岡県産の鰻と福島県産の日本酒を味わう。

昨日、7月25日(火)は土用の丑の日でした。スーパーで国産の静岡県産・鰻を購入。家にある福島県産の日本酒を一緒に味わいました。

会津若松市の末廣酒造「山廃純米」をおちょこでスッと飲み、ゆっくりと鰻を味わう。自宅で出来る、優雅な時間でした。

そして、ふと思いました。鰻に合う福島のお酒は何だろう?、と。

今回は飲み比べが出来なかったので、今度、鰻を食べるときには、いくつかの日本酒を一緒に飲んでみたいと思います。

また、優雅な時間になりそうで、楽しみであります。

末廣酒造さんのお酒、Amazonでも購入できるようだ。知らなかった。

 

———————————————————————
斎藤慎也
Twitter:https://twitter.com/shinnemonsan
Facebook:https://www.facebook.com/shinya.saito.773
Instagram:https://www.instagram.com/shinnemonsan/

第1回いわしろ柿まつりに行ってきました。

昨日、二本松市小浜で開催された「いわしろ柿まつり」に行ってきました。

小浜にある西念寺は、会津みしらず柿のルーツである西念寺柿があります。400年以上前の戦国時代、天正年間に西念寺の住職夕安上人(せきあんしょうにん)が、中国大原の玄中寺から持ち帰り、西念寺柿と命名。小浜城主大内定綱一族が会津へ退却の際(1585年)に、一緒に持ち込み、会津みしらず柿になったといわれています。
※西念寺内の案内板(岩代小浜の歴史と文化を護る会)を参照

昨年、平成27年に「会津みしらず柿里帰り事業」が西念寺で行なわれ、今年は「第1回いわしろ柿まつり」として、会津みしらず柿と小浜、西念寺の歴史を継続的に地元の人が護り伝えていこうというイベントが開催されました。

“第1回いわしろ柿まつりに行ってきました。” の続きを読む