特別展「桑折西山城跡と伊達氏の戦国時代」が旧伊達郡役所で開催されています。

現在、桑折町の旧伊達郡役所で特別展「桑折西山城跡と伊達氏の戦国時代」が開催されています。

続きを読む

大枝城跡に行ってみた。サンドウィッチマン伊達みきおさんとの繋がりを発見。

先日のブログで、関ヶ原の戦いの際に北の関ヶ原の一つで梁川町も西軍と東軍の戦いがあったことを書いた。

梁川八幡神社がふくしまデスティネーションキャンペーンに向けて整備されていた。

その戦いで梁川城は西軍の上杉軍の城主・須田長義公が。北から東軍の伊達軍が梁川城を攻略するため進軍してきた。その拠点となったのが、「大枝城(おおえだじょう)」である。先日ブログを書いてから、しばらく城跡に行っていなかったのであらためて天気の良いときに行ってきた。

ネットに「伊達郡大枝城主大條氏」という記事が詳しく書かれていたので、図面を印刷して自転車に乗って出掛けた。

梁川町の市街地を走る国道349号線を北に向かっていくと阿武隈川を渡る大きな橋が見えてくる。

梁川町、阿武隈川

 

橋を渡るため、この坂をのぼっていくと大枝城跡が見えた。川を渡って中央やや左にある山が大枝城跡。

DSC_0084

 

橋を渡って最初の信号を左に曲がる。

DSC_0085

 

曲がったあと、この道を真っ直ぐ。

DSC_0086

 

上の写真の一番奥あたりに、「大枝城跡」という看板が出てくる。ここを左へ。では、ここから持っていった図面も使って照らし合わせてみていこう。ここは①。

DSC_0087

DSC_0119

 

左に曲がってから真っ直ぐ行くと、キレイな坂道。

DSC_0088

 

ここを上りきったところに「大枝城本丸跡」の看板。②

DSC_0089

 

左に曲がると果樹園が広がる。奥が二の丸跡。

DSC_0090

 

写真の奥を左に曲がる。

DSC_0091

 

やや坂になっているところ上っていくと土塁がはっきりと分かる状態で残っている。③

DSC_0092

 

更に上っていくと、突き当たる。「土塁・空堀」の看板。④

DSC_0093

 

ここを右に曲がると「本丸跡」へ。

DSC_0094

 

さらに奥に歩く。ベンチや石碑が見えてくる。本丸跡の石碑。⑤

DSC_0095

 

石碑。あれ、白黒で撮影した記憶ないけど。

DSC_0097-EFFECTS

 

もう一枚。

DSC_0097

DSC_0098

 

ここから梁川城方面を見る。伊達軍はこの阿武隈川の奥にある梁川城を攻略しようとここから見ていたことになる。ちょうど中央くらいの町の中に木が数本見ることができるがあのあたりが梁川城跡。⑥

DSC_0100

 

ちなみに西側は阿武隈川がキレイに見える。

DSC_0101

 

「帯郭(おびぐるわ)」の看板。土塁がしっかりと残っている。⑦

DSC_0103

 

石碑の後ろにあった。夫婦の木という感じか、すぐ左の木がそんな感じだった。これは後日、情報が入ればまた書こうと思う。

DSC_0104

DSC_0105

 

本丸から同じ道を戻る。④の「土塁・空堀」の看板あたり。

DSC_0108

 

④から空堀が見える。

DSC_0109

DSC_0110

 

同じ道を戻る。③から二の丸跡を見る。現在、果樹園になっている。

DSC_0111

 

土塁跡。しっかり分かる。⑧

DSC_0112

 

ここは⑨。中央奥に空堀がしっかり見える。

DSC_0113

 

住宅が見えるところが三の丸跡。住宅地になっている。⑩

DSC_0114

 

現在の大枝城跡はこのように400年前の雰囲気を残したままとなっている。

大枝城は、伊達氏第8代当主伊達宗遠の二男・宗行(第9代当主政宗の弟、ちなみに独眼竜の政宗は第17代当主、名前が同じだが違う)が築いた。そして大枝氏と称することになる。
大枝氏は第7代宗直のとき、1591年に豊臣秀吉によって奥羽仕置が行われ、伊達政宗が岩出山に移ることになり、この大枝城も没収された。その後も伊達家の家臣として働き、1616年には亘理郡坂元城主となっている。

最後の坂元城主となった大條氏第17代当主・道徳は明治時代に伊達姓に復し、名を伊達宗亮に改めた。

さて、ここでタイトルにもある芸人サンドウィッチマン伊達みきおさんの話になるが、このみきおさんが17代当主、大枝道徳であり伊達宗亮の玄孫なのである。大枝と伊達みきおさんがつながるとは今回大枝城のことを調べるまで知らなかった。また、伊達政宗とみきおさんは同じ誕生日9月5日。しかもこの日は私の誕生日でもある。これまた驚きだ。

ちなみに先日、NHKのファミリーヒストリーという番組に伊達みきおさんが出演し、NHKのウェブサイトにも大枝氏のことが掲載されている。

ファミリーヒストリー「伊達みきお~伊達の名に誓った覚悟とは~」

発見が非常に多い今回の大枝城跡訪問だった。桜がまもなく開花するので、桜でキレイになったときに訪れたいと思っている。

 

【メールマガジン毎週水曜日配信中】
http://saitoshinya.com/?page_id=49

斎藤慎也
Twitter:https://twitter.com/shinnemonsan
Facebook:https://www.facebook.com/shinya.saito.773
Instagram:http://instagram.com/shinnemonsan/
Mail : info@saitoshinya.com

 

梁川八幡神社がふくしまデスティネーションキャンペーンに向けて整備されていた。

来週4月1日からふくしまデスティネーションキャンペーンが6月30日まで開催される。

福島県伊達市では、梁川町にある「梁川八幡神社」が今回のキャンペーンに合わせて約600年ぶりに「御尊像特別御開扉」が決定している。以前から八幡神社の駐車場の工事が始まっていたが、久しぶりに訪れたらほぼ工事が完了していた。4月11日にオープニングセレモニーが開催されるとのこと。伊達市のホームページになぜこの内容が掲載されていないのが、疑問だがそれは置いといて。

駐車場が広くなっていた。

DSC_0061

 

駐車場横にトイレ。

DSC_0064

 

これはステージかな。

DSC_0062

 

ステージ横にひとつだけ?休憩所。もっとベンチなり椅子なり置いた方が良いね。これから設置されるのだろうか。

DSC_0063

 

公園内看板から国見方面を撮影。ここは田んぼだったんだよね。だいぶ変わった。

DSC_0065

 

看板

DSC_0066

 

いまここ。「政宗にぎわい広場」という名前らしい。八幡神社入口広場という風に普通に付けても良いと思うが。

DSC_0067

 

八幡神社に続く参道は以前と変わっていなかった。この道は砂利で舗装されたが、少し前までは土の道で、道を入ってすぐにタイムスリップしたような感覚にしてくれていたが、砂利になってだいぶ印象が変わった。良いのか悪いのか。個人的には以前のままの方が風情があって好きだった。

DSC_0069

 

ここ梁川八幡神社は、戦国時代に当時米沢にいた伊達政宗が田村氏の一人娘・愛姫(めごひめ)を伊達家一行が迎えに行くことになった場所がここ梁川八幡神社とされている。それが1579年とされている。

その3年後、1582年に16歳となった政宗が八幡神社で父輝宗とともに訪れ、初陣祈願をした場所でもある。祈願のあと、相馬氏攻略のため兵をすすめることとなった。このあたりは、山岡荘八著「伊達政宗」に書かれており、八幡神社の案内板にもその内容が掲載されている。

オープニングセレモニーが開催される4月11日から、どのような盛り上がりになるのか。開催中にまた訪れてみよう。

 

ちなみに、ここ梁川町にある梁川城は初陣祈願の際に居城は米沢にあったが、伊達軍の拠点とされていた。その後、1590年の小田原城攻略後に奥羽仕置が行われ、1591年に伊達政宗は岩出山城に移った。梁川城は会津に入った蒲生氏郷の領地となり、1595年に氏郷が亡くなると、越後から会津に入った上杉景勝の領地となり、梁川城主は須田長義となる。

1600年の関ヶ原の戦いの際、日本全国が東と西に分かれて各地で戦いが行われることになるが、梁川でも北の関ヶ原の一つとして戦いが行われた。上杉は西軍、伊達は東軍であった。梁川城は引き続き須田長義が城主、梁川城を攻略するために伊達軍は阿武隈川を挟んだ北側にある大枝城を陣を布いて攻めた。上杉家の領地となってから梁川城は大きな改修をしていているといわれている。そして、伊達軍の攻めに対して抵抗し落ちることはなかった。伊達政宗は梁川城に攻め込んできたという歴史はぜひ知っておいてもらいたい。その後、約260年あまり廃藩置県が実施され梁川藩が福島県になるまで伊達家の領地になることはなかったのである。

個人的には、北の関ヶ原の一つ、福島県の県北地方で伊達軍の攻略から梁川城を守り、そして、上杉の領地であった現在の福島市にあった福島城(現在の福島県庁)が伊達軍から攻めこまれたときに、梁川から出陣し挟み込み、伊達軍を退却させたという話もある(これは事実かどうか定かではない)、梁川城主の須田長義公をもっとたくさんの方に知ってもらいたい。伊達政宗が認知度も高くPRに全面的に出ていることが多いが政宗は仙台が居城である。歴史を地元や全国に知ってもらうためには、知名度が高いというわけではなく、知名度が低くても天下分け目の合戦の関ヶ原の戦いの際に梁川城を守った上杉家家臣の須田長義公という武将がいたことを伝えた方が良いのではないかと考えている。

 

DSC_0068

 

梁川八幡神社アクセス

 

2012年11月に梁川八幡神社に訪れた記事

 

【メールマガジン毎週水曜日配信中】
http://saitoshinya.com/?page_id=49

斎藤慎也
Twitter:https://twitter.com/shinnemonsan
Facebook:https://www.facebook.com/shinya.saito.773
Instagram:http://instagram.com/shinnemonsan/
Mail : info@saitoshinya.com