国見町の「あつかし歴史館」に行ってきました。

今日、国見町にある「あつかし歴史館」に行ってきました。

目的は、先日ここで発表会のあった福島大学の学生達が、この歴史館のある地域、「大木戸」地区を研究した資料が展示されているというのを知っていて、ずっと訪れてみたいと思っていたのです。

初めて訪れた歴史館は、平成24年に閉校となった大木戸小学校を改修したものです。

入口を入ってすぐに、床や壁など、たくさんの木材で暖かみのある内装になっています。この木材は国見町貝田地区から切り出された木材。地元産の内装になっています。入ってすぐの右の入口を入ると、国見町の歴史を伝える部屋になっています。こちらも内装が木材で暖かい感じになっています。

阿津賀志山防塁(あつかしやまぼうるい)、についてが展示されています。

時代は1189年。阿津賀志山の戦いの際に、源頼朝が奥州藤原氏を攻めるために、奥州に向かう際にここを通ると想定して藤原氏が3km以上にもわたる防塁を築いたものです。

歴史館には説明してくれる方がいらっしゃって、丁寧に説明してくださいました。なぜ、ここに防塁をつくったのか?福島から宮城県に行く道路を考えて見ると、予想できます。ここから先は山の間に奥州街道が通っていて、というかここしかない?ような地理になっているのです。ここを通るというのは予想できたのではないでしょうか。

上の写真に東北の地図があるのが分かると思いますが、源頼朝がどのようなルートで奥州に攻めていったのかが分かる地図になっています。奥州街道だけでなく、太平洋側のルートや日本海側ルートでも奥州平泉に向かったことが掲載されています。この阿津賀志山の戦いについて、私は勉強不足であることが、ハッキリと分かりました。地域のこと学ばなければ。

(内容を丁寧にお聞きしていたら、太田国見町長が訪れて、ちょっとビックリ!すぐに分かりました。「あ、町長だ。」と思った瞬間に、「どうぞ、お気になさらずに、続けてください。」と声をかけてくださいました。)

 

ここから教室を移動して、福島大学の生徒さん達が研究発表した「大木戸地区」展示スペースへ。

この大木戸地区。昔の資料が結構保存状態が良い形で残っているとのことです。地元の区の倉庫や寺や神社、そして、個人の方々が守ってきた書類などが江戸時代から、いくつも残っているとのことです。

今回の発表は明治時代以降の資料から発表されています。若い学生さんが、地域の方々を協力して、歴史を学び、発表すること。とても素敵なことだなぁと思います。残していく、伝えていく、ということの大切さを、この展示で学びました。

できれば1月28日の学生さん達の発表を直接聞きたかったのです。これに参加できず本当に残念でした。。。また、今度、開催されるときには参加したいと思います。

 

偶然にも、今日4日の福島民友新聞の連載「まちかど物語」がこの「あつかし歴史館」でした。「形変え 生きる学びや」は、ここ大木戸地区に残っています。

 

国見町文化財センター「あつかし歴史館」 – 国見町ホームページ
http://www.town.kunimi.fukushima.jp/site/kanko/2582.html

 

地名の由来が書かれていれば読みます。そして写真撮ります。

駅などには地名の由来が書かれた看板が設置してある場合があります。

時間があれば、読むことが多いです。そして、覚えられないので、写真撮っておきます。

今日もそんな地名に出会いました。それが「金谷川駅」。

続きを読む

7月最終日はサッカー観戦(いわきFC 対 福島大学)してきました。

今日で7月が終わります。あと1時間とちょっとで8月になります。

そんな今日、天皇杯サッカー福島県代表決定戦の準決勝、いわきFC 対 福島大学の試合を福島市の十六沼サッカー場に観に行ってきました。

前半からペースはいわきFC。ボールを中盤で支配し、早いテンポで横に回し、くさびや裏のスペースにボールを配給。ゴール前へクロスボールを多く上げますが、福島大学もシュートする前で跳ね返す、シュートに身体を投げ出すプレイでゴールを決めさせない時間が続きます。その中で1回、カウンターで左サイドから縦に速く抜け出しキーパーと1対1にもっていった。残念ながらゴールとはならなかったが、素晴らしいカウンターだった。逆にいわきは縦に速く抜け出されたことはまずかったような気がする。前半を0−0で終えました。

続きを読む