キリンチャレンジカップ2015 日本対ウズベキスタン戦を観て。

いま前半が終わり、ハーフタイム中に書いている。

前半にコーナーキックからボランチの青山が素晴らしいミドルシュートを決めた。あの距離からのボレーシュートはそんなに見ることがない。思い切り右足を振り抜くシュートではなく、コンパクトにしっかりボールを見てパンチ力のあるシュートはキーパーから逃げるようにカーブしゴール右隅に吸い込まれた。あそこからダイレクトで蹴るという判断は前半の試合内容から見えたような気がする。

ボールを中盤でサイドで時間を貯めるという時間はほとんどなく、ディフェンスラインからどんどんダイレクトツータッチで前線の岡崎や本田に当てていく。岡崎は最初からどんどん相手ディフェンスラインの裏へ抜け出す動きをしていた。とにかく全員がボールを離すのが早い。しかも離すときに蹴る距離が今までの日本代表にはない距離だ。逆にボールを持つ時間が長かったり、パスの距離が短かったりしたら、目立つような感じ。ハリルホジッチ監督の目指すサッカーがとにかく「早い」だ。

後半はメンバーが変わってくるだろう。宇佐美は出場するだろうか。ぜひ観たい。さて、後半が終わったら、また続きを書こう。

 

後半終わったので、引き続き。

ハーフタイムに書いた宇佐美が後半途中から出場し、1ゴールという結果を出した。後半出場して最初のボールタッチで宇佐美らしい独特のリズムのトラップ、ドリブル、クロスとリラックスした流れだった。これはゴールにはならなかったが、このプレイはウズベキスタンにとっては脅威に思っただろう。ゴールにつながったシュートも相手ディフェンダーの間にあえて向かっていくドリブルから振り切って精度の高いシュートでゴールにした。宇佐美にとっては得意な流れだっただろう。

前半にかなり走っていてプレスが前からかかっていたが、後半は少し運動量が落ちたため中盤に少しスペースが空くようになった。ウズベキスタンも個々の能力は高く、プレスのしづらいタイミングのボールの持ち方をしている選手が数人いた。ボランチに水本を入れて、危険なエリアはDFラインと挟んでボールをうばい意識が見受けられた。水本は所属チームで最終ラインなので、大丈夫だろうか?と思ったけど、かなり効いていたと思う。ディフェンス力の高いボランチは今の日本代表にはそれほど多くない。最終ラインとボランチができる選手がいることはかなり強みになるだろう。

たくさん走る、速い、ゴールに向かう姿勢、観ていて楽しいサッカーだった。

 

【メールマガジン毎週水曜日配信中】
http://saitoshinya.com/?page_id=49

斎藤慎也
Twitter:https://twitter.com/shinnemonsan
Facebook:https://www.facebook.com/shinya.saito.773
Instagram:http://instagram.com/shinnemonsan/
Mail : info@saitoshinya.com

 

キリンチャレンジカップ2015 日本対チュニジア戦を観て

27日にサッカーキリンチャレンジカップ日本対チュニジア戦が行われた。ハリルホジッチ監督就任した初めての試合。まず、スタメンに本田、香川、岡崎がいなかったのに驚き、右サイドのトップに永井が入ったのが試合スタートから、なかなか面白いメンバーじゃないかとハリル監督に期待感をもたせるキックオフだった。

永井の足の早さと得点力は福岡大学時代から注目していたが、なかなか日本代表では右サイドの層が厚く試合に出ることはなかったので今回出場したのがとても楽しみだった。後半、本田と交代するまでなかなかサイドをえぐるようなスピードは見せることがなくて残念だったけど、守備のときの早いプレスと攻守の切替、相手DFをひっぱりスペースを作る動き(足が早いことはチュニジアにも分かっていたのだろう、早めに永井の前のスペースを与えないように動いていたのが分かった。)、あと、自分でスルーして後ろの選手からワンタッチでもらう動きが可能性を感じた。

前半は、永井をはじめ全線が若い選手で4−2−1−3と、ザッケローニ監督のときにはみなかったシステムだったので今までと違ったリズムだった。ボランチでボールをおさめてサイドにちらし溜めをつくるというシーンがほぼなく、サイドに入ったときには前を向いてチャレンジするケースを見る事が出来た。とにかく速いイメージがついた。前線には初スタメンの選手がいたので、身体がかたく緊張している印象があったけど、後半途中から右に本田、トップ下に香川が入ったらリズムがまた変わって、前を向いてボールを持つ時間が増えた。

トップに岡崎、そして、待ってました!左サイドに22歳ガンバ大阪の宇佐美が代表デビューとなった。なぜ今までJリーグで点を取りまくっている宇佐美が選ばれないのだ!と思っていたけど、いよいよデビュー。前の3枚とトップ下の1枚の計4枚が変わって、一気に岡崎と本田が点を取る。さすがである。

あとは、宇佐美がシュートをとにかく打つ事。ボールを持ったらゴールに向かう。シュートは少ないけどヒールで冷静にチャンスをつくったりしていた。そして、香川から絶妙なスルーパスをもらいキーパーと1対1!キーパーの右を冷静にタイミングをはずしてゴロで流したが、残念ながらゴールポストに当たる。あと数センチというところだった。代表初ゴールはおあずけとなった。

攻撃の話が中心になったけど、結果的に2−0と無失点。ディフェンスの中央、吉田と槙野は安定して身体をはってまもった。サイドでの追い込みや、中盤の底でのプッシュもかなりきいていた。山口蛍は目立たないけど、相手に前を向かせないプレスや危ないと思った瞬間になんどもプロックをしていたのが分かった。長谷部もあの守備はかなり助かっただろう。長谷部は守備より中盤のつなぎの役割の方が今回は目立っていたかもしれない。

新しい選手を試すことができたし、2点取ったし、無失点だったし、かなり良かったのではないだろうか。もちろん、プレイしている選手達の中では修正するべき点はいくつも発見できたと思うけど、ハリルホジッチ監督の初陣としてはとても良い内容だったのではないだろうか。

 

【メールマガジン毎週水曜日配信中】
http://saitoshinya.com/?page_id=49

斎藤慎也
Twitter:https://twitter.com/shinnemonsan
Facebook:https://www.facebook.com/shinya.saito.773
Instagram:http://instagram.com/shinnemonsan/
Mail : info@saitoshinya.com