【いわきFC】東北社会人2部南リーグ 第1節 いわきFC vs FCパラフレンチ米沢 の試合を観てきました。

今日、いわきFCの試合を山形県米沢市に観に行ってきました。今日の試合は、東北社会人2部南リーグ「いわきFCvsFCパラフレンチ米沢」です。アウェイです。いわきからサポータの皆さんが駆けつけてました。

会場に到着してすぐに感じたのが風。とても強く吹いていました。前半、いわきFCは風下になります。ハイボールが守備のときは流れてきくる、攻撃のときは速いボールを配給しづらい環境でした。低いボールをサイドへ、そして、中央へくさびを入れる、を繰り返しましたが、なかなか中央でくさびがはいりづらいというか、ボールが落ち着きづらい感じでした。

これは、アウェイで、FCパラフレンチ米沢の方がフィールドに慣れているなーと感じた前半でした。攻め込みますが、なかなか点が入らない。また、FCパラフレンチ米沢の個人技も高く、前線でくさびをおさめて溜めを作るケースも多くあり、2列目の厚い攻撃でシュートまでいくケースも何度かありました。入ってもおかしくない流れのシーンありましたね。

そんななかで前半30分まで0-0で進んでいったところでの、流れの中での先制点は時間帯的に良かったですね。フィールド内、応援側、でも、なにか上手くいっていない、という雰囲気を感じる時間が続いていました。

後半は風上になり、縦のボールはハイボールではなく、低く繋ぐ、長いボールは右に左と振って、サイドからの攻撃が多くなり、何度もチャンスを作りました。シュート数も増えました。ですが、後半30分まで得点は動かず、1-0で進んでいきました。ボール支配率、運動量、フィジカルの強さ、後半はいわきFCらしいゲーム運びに。時間はかかりましたが、後半30分過ぎに追加点、その後、35分と39分に追加点で4-0で勝利しました。

いわきFCのFacebookページ内・田村監督のコメントで「まだみんな若い子たちなので、改善点が明確になったということでプラスに捉えてます。」という内容のコメントがありました。もっと前に前にチャレンジ、自信もってガンガンいける!と、私も思ったときが何度かあったので、この当たりは若さというのもあるかもしれないですね。そう、技術は高いので、向かう姿勢をどんどん出すと、更に良いのではないかと思いました。

 

あと、個人的に少し思ったのは、アウェイという環境について。FCパラフレンチ米沢がフィールドに慣れているというのは、上で書きましたが、あとはレフェリーの笛です。アウェイだから、というわけではないと思いますが、もう少し、ゲームを流してほしかったなぁと思います。これは鳴るなぁという感じに思うのと、踏ん張らないと流されると思うのでは、ゲームの流れが変わりますね。いやぁ、これ書いていて、本当に難しいところですね。ただ、レフェリーによって、鳴らさない、鳴らす、というのは現実的にありますので、ゲームを「流す」というのを、もう少ししてほしかったなぁという感じです。全体的に。

と、思うところもありましたが、順調に開幕戦に続き勝利で2連勝。引き続き無失点です。山形県米沢の地で、いわきFCの選手達がフィールド内で戦い、いわき市から多くのサポーターが駆けつけて応援している姿に、後半の途中、突然、目頭が熱くなりました。ゾーンに入ったというか、なんというか、不思議な感覚になりました。

サポーターのみなさん、お疲れ様でした!そして、ありがとうございました!楽しい時間でした。また、よろしくお願いします。次はFCフィールドで!!

 

 

開幕戦の観戦ブログはこちら。

いわきFC 2018年シーズン開幕戦を観戦してきました。

平成30年4月22日観戦・更新

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です