今年の入社式のニュースは、いつもと違う感想でした。

4月に入り、今日3日は入社式が行われた会社が多かったと思います。ネットニュースやTwitterなどで、入社式の様子がいろいろアップされていました。

タイトルにもあるとおり、今年の入社式のニュースは、今までと違った感覚です。曜日の関係もあったでしょう。

今年の4月1日は土曜日。そして、前日の3月31日の金曜日はプレミアムフライデーでした。就業時間内で仕事をする、生産性を上げる、という意味もあるこのプレミアムフライデー。その翌日はもちろん土曜日。この土曜日に入社式を行っている会社があることに違和感を感じたのです。

都心の大手も福島県内の企業も、1日の土曜日に入社式を行っている会社は、日頃から土日も仕事をされているサービス業の業種がほとんどでしたが、それでも、来週の月曜日である今日3日に行うのが良いんじゃないかと感じました。

世の中が、生産性を上げるために、就業時間内で働く、という方向に向かっているなかで、プレミアムフライデーの翌日に、新入社員に初日から土曜日出社してもらうというのはどうなんだろうという感想を持ちました。翌日日曜日に地元紙に入社式の様子が掲載された会社はしっかりと記憶にあります。私の中では、良い意味ではないです。そういう方向なんだなという感想です。

Twitterで、「入社式、来週の月曜日で良いんじゃないの?」というツイートをしたら、反応がありました。反対の声はなく、それが良い、という声です。

新聞には、こういった反応を直接知ることはできません。行われた、それによって、周りがどのような反応があるのか?というのが知れるのはネットの面白さでもあります。

ブログの読者の皆さんは、どう思いますか? もちろん、反対意見も大歓迎です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です