ロシアW杯アジア最終予選、日本対タイを観て。

今日は水曜日。今朝、メールマガジンを配信しました。購読のご登録はコチラです。

 

さて、昨日の夜に2018ロシアW杯アジア最終予選、日本対タイの試合が行なわれました。NHK BS1で観戦しました。試合後にすぐブログ書こうと思ったのですが、眠気に勝てず。。。

2点では物足りない、決定力不足など、日本のマスコミだけでなく、ヨーロッパでも書かれているようです。シュート22本で2ゴールの数字を見れば、それはそうかなとも思います。

私個人的には、タイのゴールキーパーが「あたっていた」(サッカーで言われる表現で、相手シュートを止めまくる。立っている場所にボールが飛んでくる。ようなことを言う)ので、なかなか点数は入らない状態だったと思います。タイのディフェンダーもゴール前ではよく守っていたと思います。

あとは、グラウンドの状態。テレビ画面から観ても、芝がはがれていて、茶色い土が見えている。あと、日本の選手がグラウンダーのパスを何度かトラップしたときに、ボールが浮いてしまっていたところを見ると、でこぼこしていたんだろうなと予想できます。

前半、左サイドを突破した浅野選手から中央の本田選手にパスが通り、空振りしてしまった場面がありましたが、あれもボールがイレギュラーしていたと思います。あのパスが早い浮き球のパスだったら、決まっていたかもしれません。

後半に、右サイドからクロスボールをゴールバーに当てるシュートもありましたが、あれもグラウンダーでボールがはねたと思われます。右サイドに渡った段階でオフサイドだったので、それほどシュートは注目されませんでしたが、私はそう感じました。

初戦UAEに敗れて、プレッシャーも大きかったと思いますが、勝利してホっとしました。

日本が勝てて良かったという思いと、タイのレベルが上がっていることに驚きました。初戦、強豪サウジアラビアに0-1、日本に0-2と敗れたとはいえ、最終予選に進んできて、この点差。数年前に観たタイのサッカーとはレベルが変わっているように映りました。タイのメッシと呼ばれるチャナティップは22歳。楽しみな選手がいますね。

 

 

———————————————————————
斎藤慎也
Twitter:https://twitter.com/shinnemonsan
Facebook:https://www.facebook.com/shinya.saito.773
Instagram:https://www.instagram.com/shinnemonsan/

【メールマガジン毎週水曜日配信中】
http://www.mag2.com/m/0001620220.html

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です