いわきFC 対 福島ユナイテッド 2016年8月21日天皇杯サッカー福島県代表決定戦のあいづ決戦を観てきました。

昨日行なわれました、いわきFC 対 福島ユナイテッド、2016年の天皇杯サッカー福島県代表決定戦をあいづ陸上競技場に観に行ってきました。

結果はニュース等でご存知の方も多いと思いますが、1−2で福島ユナイテッドが勝利し、いわきFCが惜しくも敗れました。

前半からいわきFCのパスサッカー、サイドからの縦の突破が生きてチャンスを作っていきました。福島ユナイテッドは基本的には縦に長いボールをフィードするという形。

後半の残りわずかというところで、先制されたいわきFCが1−1の同点に追いつくのですが、いわきFC応援側の近くにいた方なら気付いた方は多いかもしれませんが、同点になるストーリーがありました。

残り10分を切ったところで、いわきFCのゴールキーパー大野選手がフィールドのチームメイトだけでなく、ゴール後ろにいるいわきFCの応援団に向かって、言葉は覚えていませんが、応援をもっとよろしくお願いします!、のような内容でサポーターに呼びかけました。

すぐにサポーターは声が大きくなり、一緒にいた子供達の応援の声も大きくなり、しばらく続きました。その光景に心打たれ、感動している自分がいました。そして、同点ゴールが生まれました。

結果は福島ユナイテッドの勝利でしたが、今年生まれたいわきFCがJ3福島ユナイテッドをここまで苦しませたこと。会津までいわきからサポーターがかけつけて応援していたこと。いろんな意味でいい試合を観ることができて、観に行けて良かったです。

DSC_1172

 

———————————————————————
斎藤慎也
Twitter:https://twitter.com/shinnemonsan
Facebook:https://www.facebook.com/shinya.saito.773
Instagram:https://www.instagram.com/shinnemonsan/

【メールマガジン毎週水曜日配信中】
http://www.mag2.com/m/0001620220.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です