リオオリンピック男子サッカー日本対コロンビア戦

今日の午前中行なわれたリオオリンピック男子サッカー日本対コロンビア戦、前後半全て観ました。

まず始まってすぐに感じたのがスタジアムの雰囲気。開始10分過ぎくらいからの感覚でしょうか。日本への声援が多く感じました。ブラジルでの開催なので、コロンビアの応援が多くなるだろうと思っていましたが、逆の感じでした。

テレビの画面からも分かるブーイングが、コロンビアの選手達にしているような印象でした。あと、主審にも。。。今日の主審はファールを厳しくとっていましたね。もっと流してほしいなぁと。

テレビの実況では、コロンビアを応援する声が多いと伝えていましたが、私が感じる限り日本を応援する声の方が多かったです。後半、2-2の同点にしたあたりから、日本への声援が多いと実況していましたが、前半10分過ぎくらいからじゃないかと思います。

日本を応援する理由は、南米コロンビアの方が実力は上だろうと思って観戦していた人が多いなかで、日本は早い動きからパスサッカー、縦への速い仕掛けを繰り返し、観客を魅了していました。一回り身体の小さい、日本人がパスをダイレクト、ツータッチでパスを回し仕掛ける、また、身体を張って、コロンビア選手達の攻撃を止める。その姿に驚いたのではないかと思います。私も実は驚きました。

2点先制されて、さらに日本への応援が増えました。追いかける方を応援したくなりますからね。そして1点返し、同点にする。しかもどちらも、流れの中で数人が関係する素晴らしいスーパーゴールでした。中島選手のミドルシュートも、左サイドに駆け上がった選手がいたからこそ、マークが一瞬ずれてシュート体勢に入ることができました。あの距離からでも決めることができるシュート力、パンチ力には驚きです。

もう1点のチャンスはあり勝利できなかったのは残念でしたが、次のスウェーデン戦も今日のようなパスサッカーとチャレンジ精神ぜひ観たいです。

 

———————————————————————
斎藤慎也
Twitter:https://twitter.com/shinnemonsan
Facebook:https://www.facebook.com/shinya.saito.773
Instagram:https://www.instagram.com/shinnemonsan/

【メールマガジン毎週水曜日配信中】
http://www.mag2.com/m/0001620220.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です