最近聞かなくなった「ノマド」という言葉

数年前だろうか「ノマド」という言葉がテレビやネット上で話題になった。ノマドとは英語で「遊牧民」の意味で、ITが普及したことによりオフィスにとらわれずいろんな場所で仕事をするワークスタイルのようなものを指す言葉だ。

なぜ、今日ふと思ったかというと、日中、コーヒーチェーン店でパソコンをひろげてメールチェックや情報収集、仕様書等を作成しているときに、「そういえば」と久しぶりに「ノマド」という言葉が頭によぎったのだ。

そう、私は相変わらず独立してから今までオフィスを設けておらず、自宅やカフェ、移動先、駅の待合室、電車のホームのベンチ、などでいろいろこなしている。

どうして「ノマド」という言葉を聞かなくなったのか。数年前の少しのブームが去った、話題にしている人達のやりとりが自然とSNS上から消えた、その方法って昔からやっている人がいる、数年前に比べてIT化が更に進んだ、などいろいろ理由はあるだろう。

個人的には聞かなくなった言葉だが、私のスタイルは引き続き「ノマド」である。

 

———————————————————————
斎藤慎也
Twitter:https://twitter.com/shinnemonsan
Facebook:https://www.facebook.com/shinya.saito.773
Instagram:https://www.instagram.com/shinnemonsan/

【メールマガジン毎週水曜日配信中】
http://www.mag2.com/m/0001620220.html

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です