青山繁晴さんの新刊「壊れた地球儀の直し方ーぼくらの出番」を買いました。

ここ2、3日。移動先で近くに書店があれば立ち寄っていました。青山繁晴さんの新刊「壊れた地球儀の直し方ーぼくらの出番」を探して。

今日、2日発売の予定で、大型店舗では先週末から書店に並ぶという情報もあったので、福島市内の大きい書店であれば置いてあるかなと思っていましたが発見できていませんでした。

そして、発売日の今日。3つ目の書店でようやく発見!こんなに待ちに待って購入した本は久しぶりです。Amazonで予約すれば良いじゃないか!?と思う方もいらっしゃると思いますが、基本的には地元の書店で購入するようにしております。

青山さんが「虎ノ門ニュース」に出演しているときや、ブログでこの新刊について発信していることを観て読んで、どんどん読みたくなっていきました。

ご本人は新書の通常のページ数を大幅に越えて、かなり「ぶっとい」本になる新書ということから、「ぶと新」と話していたとおり、手にとってみると通常の新書より2倍3倍あるほど「ぶっとい」です。しかも、このページ数で約1,000円。やすい!ページ数が多くなるので新書としては値段が高くなってしまい手に取りづらくならないように値段をおさえたいと出版社の方々と擦り合わせを重ねてきたということを出演している番組でお話していました。

そして、今日、発売当日にすぐ増刷が決定したようです。すごい。早い!!

読み終わる前にここのブログで書くことはほとんどありませんが、手元にあるということの喜びと発売初日にして増刷が決定したことが購入した私としては嬉しいという2つの喜びが重なったこともありまして書きました。

今日から今週末にかけて、じっくり読みます。楽しみです。

DSC_1043

 

 

斎藤慎也
Twitter:https://twitter.com/shinnemonsan
Facebook:https://www.facebook.com/shinya.saito.773
Instagram:https://www.instagram.com/shinnemonsan/

【メールマガジン毎週水曜日配信中】
http://www.mag2.com/m/0001620220.html

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です