梁川町の広瀬川からの眺めがお気に入り

 

梁川町に流れる広瀬川。メインストリートである国道349号線、他3つ、計4つの橋がかかっています。それぞれの橋から桑折町方面、半田山が見える眺めがお気に入りです。

今日、歩いてミーティングに行きましたので、お気に入りの場所で写真を撮りました。

いままで何度も観てきて景色ですが、飽きません。

郷土史を知るようになると、景色の中に自然に物語が浮かんでくるようになったのも、飽きない理由の一つになっているような気がします。郷土史は物語で日本史を学ぶことができるのではないでしょうか。

郷土史を必修科目へ。

※眺めの話から教育の話になってしまった。笑

梁川町・広瀬川にかかる橋

 

Twitter @shinnemonsan

Instgram shinnemonsan

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です