福島県議選のPRにご当地「めいすいくん」を発表。力を入れるところが違うと思うのだが・・・

 

今年は福島県議会議員選挙がある。11月5日告示、15日に投開票される。県議選に向けて、若い人にも興味をもってもらおうということで県選挙管理委員会は福島県のご当地「めいすいくん」をつくったようだ。「めいすいくん」は明るい選挙キャラクターとして、平成12年4月に誕生している。福島民友の記事によると、今月15日から発表された8種類をFacebookで人気投票、総選挙を行い、一番人気のあったご当地「めいすいくん」を選挙ポスターの中央に置くという。

このニュースを読んだときに、チャレンジするのはいいと思う。しかし、方向が違うのではないだろうか。まず、総選挙を行ったことで注目はご当地「めいすいくん」に向かい、福島県にどのような県議会議員がいるのかということにはなっていない。私からすれば、どのめいすいくんが中央になったからといってどうでも良いことだ。気の毒なのは、この人気投票や総選挙の管理などをする現場の人達。これで、投票率が上がると思って取り組めるかどうか。

投票率を上げるというのは結果であって、福島県議会、議員の仕事や人柄に興味を持ってもらわなければ投票率に結びつかないと考える。力を入れてほしいところは、福島県議会のオープン化である。福島県内のテレビニュースは、夕方6時代の時間帯しかない。この中で、福島県議会の様子が放送されたのを私は記憶にない。議会に興味がある人にしか、届けられないスタイルになっている。では、ぜひ興味を持って掲載されている情報に辿り着いてください。というのは、まず厳しいだろう。

福島県民の「日常」にどう自然に見せていくか?ということを考えてもらいたい。福島県内のテレビニュースに数分でも定期的に流すこと、地方紙である福島民報・福島民友に掲載すること、ホームページでの情報提供、それを自然に見せる広告掲載、ネイティブ広告など。ホームページはPDF中心だし、階層も深いし、見づらい。Facebookは議会単位では開設していない。開設すれば、議員個人で開設しているページとシェアできたり、届けるパターンは思いつく。

「福島県の県議会議員って、どんな活動しているんだろう。」これは知りたい人が多いだろう。伝える方法を検討することにベクトルを向けてほしいと、今回のご当地「めいすいくん」発表ニュースを知って感じたことである。

参照:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150813-00010014-minyu-l07

 

お知らせ

メルマガライブはじめました。

YouTubeをほぼ毎日更新中。

毎週水曜日の朝にメルマガ配信中。

 

おすすめ人気記事

福島県のプレミアム旅行券、抽選に変更へ。

梁川町の最高気温が39.7℃になり全国で2番目の暑さに。

昨日のメルマガライブの様子を石屋ブロガー湊和也くんがブログで紹介してくれました。

 

LINE@友だち募集中です。

ID:@sxe8337t

友だち追加数

Twitter


 

斎藤慎也

Twitter:https://twitter.com/shinnemonsan

Facebook:https://www.facebook.com/shinya.saito.773

Instagram:http://instagram.com/shinnemonsan/

Mail : info@saitoshinya.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です