なでしこジャパン、ワールドカップ2015カナダ大会の初戦スイス戦に勝利。

なでしこジャパンが初戦勝利した。私はNHK-BS1で観戦、後半はヒアヒアしつつも点を取られないだろうという安心感もあり、そして勝ち切ったなでしこは強かった。

先日ブログに書いた、ディフェンス4枚の予想スタメンは半分外れた。右を有吉でスタートするとは意外だったが、見事に当たる。攻守に光っていた。右サイドは中盤に大野、後ろに有吉、とにかく走る2人だった。なでしこ陣地まで押し込まれるケースは何度かあったものの、シュートレンジまでにさせることはほとんどなかった。

左サイドは鮫島を予想していたが、宇津木がスタメンだった。右サイドのようにサイドラインをかけあがっていってクロスボールを送るようなケースは見られなかったが、中盤でのボールまわしにからんだり、相手選手へのプレッシャーを積極的に早くし、おさえていた。でも、どちらかというと、こちらサイドからクロスボールをあげられる場面が右より多かったかもしれない。相手のゴールラインまでかけあがってクロスボールをあげるような戦術は鮫島の方が足が早く、ドリブルからのクロスの組み合わせは得意だろう。

PKを奪った、身体をはった安藤は今日骨折していることが発表され、手術が必要とのこと。ぶつかった場面を見ていたが、上半身から右側にキーパーが接触しているように見えたから、左足首と聞いたときにひねったかもしれないと感じた。まだ詳しくは公表されていない。

安藤のプレイはなでしこに1点、そして大きな初戦勝利を生み出した。大きな存在はチームに大きな勝利と大きな絆をつくったのではないだろうか。次の試合、カメルーン戦も楽しみだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です