なでしこジャパンがイタリア戦に勝利。試合をテレビ観戦しての感想。先日ニュージーランド戦で気になった点は?

先日28日になでしこジャパンがキリンチャレンジカップでイタリアと対戦した。28日の夜に打合せが入っていたので、録画しておいて昨日29日に観た。24日のニュージーランド戦を観て気になった点があったのでそこにも注目した。

試合結果は1−0でなでしこの勝利。左サイドの宇津木選手が低い早いクロスボールを相手DFの前にすっと動き右足アウトサイドで合わせた大儀見選手のゴールは、宇津木選手の攻撃参加、速いクロスボール、ダイレクトで合わせた大儀見選手のゴール、全てが素晴らしかった。

以上がゴールのところだが、試合全体で観て前回のニュージーランド戦と変わっていたところが、ボランチ阪口選手の存在だ。パスを受ける顔出しからパスを受けてダイレクトで配給するパスの精度は相当高く、チームに良いリズムを前後半90分で常に出していたと思う。ダイレクトのパスの精度とパススピードが以前にも増してレベルアップしているように感じた。この試合の解説をしていた大竹七未さんは、後ろでテンポよく回していることについて、「ボールを前でチャレンジしゴールに向かってどう仕掛けるか」ということを実況アナウンサーに聞かれて答えていたが、私はこのテンポを作ることで相手DFは走らされ、守備のタイミングがずらされ、スペースが空くことがあるので、阪口選手が中心となって、確かにやや後ろの場所ではあるがテンポよくボールをまわしていることは日本にとってとても良いと思って観ていた。

この試合を観ていて、今までなかったことを感じることに。前半の35分から40分くらいだったと思うが、その時間帯が一番なでしこジャパンのパスまわしがダイレクトやツータッチでゴールまで向かっていた。そのプレイを観ていて、ゴールが入ったわけではなく、左サイドで宮間選手と宇津木選手と阪口選手と大儀見選手が連動してパスをまわして、イタリア代表選手がまったくボールがさわれない状況に感動してしまったのだ。なんでだろうと考えたわけだが、パスの精度や身体の強さスピードのレベルが昔に比べて相当上がったと感じたからだろう。不思議な時間帯だった。

前回のニュージーランド戦で気になったことは、相手DFや中盤から長いボールがトップに高いボールフィードが入ったときに、身体を寄せて競るというのが少なかったということだった。今回のイタリア戦はそのようなケースをほとんど観ることはなかった。フィードする人に対して、前から結構プレッシャーをかけていたし、イタリアが高いボールでトップに当てるのではなく、意識的に低いボールを送っていたからかもしれない。ニュージーランド戦で気になったような場面は無かったと思う。

後半途中から出場した鮫島選手。代表では珍しくいつもの左サイドバックではなく、ひとつ上の左の中盤に入った。最初のボールタッチで、前に勝負し相手DFをスピードとバランスで振り切ったところはしびれるプレイだった。もともと攻撃の選手なので、ボールを受けて攻める姿勢は迫力がある。とにかく足が速い。画面を観ているとあまり速そうに見えないかもしれないが、相当速い。ワールドカップで左サイドを突破するプレイをたくさん観たい。

ワールドカップ前、2試合をどちらも無失点で勝利し良い状態でカナダに向かうことができるだろう。ワールドカップ初戦はスイス。現地時間6/8 19時、日本時間6/9 11時キックオフとなる。とても楽しみだ。

<参照サイト>
なでしこジャパン・ニュージーランド戦を観て気になったところ。 | 斎藤慎也ウェブサイト

 

Facebookページはじめました。
saitoshinya.com ページ

 

【メールマガジン毎週水曜日配信中】
http://saitoshinya.com/?page_id=49

 

斎藤慎也

Twitter:https://twitter.com/shinnemonsan

Facebook:https://www.facebook.com/shinya.saito.773

Instagram:http://instagram.com/shinnemonsan/

Mail : info@saitoshinya.com

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です