会津藩初代藩主・保科正之公のお墓参り。土津神社へ。

会津若松市の会津藩歴代藩主の墓所、院内御廟から猪苗代町へ移動し、会津藩の初代藩主・保科正之公の墓所、土津(はにつ)神社へ。院内御廟は二代藩主からの墓所で、初代藩主が眠るのは猪苗代町。前回訪れたのは4月上旬でまだ雪があった。約1ヶ月半ぶりに訪れた。
今回、5月23日は雪が溶けており、前回土津神社の奥にある保科正之公墓所・奥の院参道は雪が積もっていて入ることが出来なかったが、しっかりお墓参りすることができた。写真を撮ってきたのでいくつか掲載する。

一番上の写真は土津神社入口。白の鳥居が見えてくる。

 

白い鳥居。

DSC_0426

 

拝殿の周りには保科正之公の家臣が祀られている。いまも殿を見守り支えているようだ。

DSC_0427

 

DSC_0428

 

拝殿に向かって右に進むと、保科正之公墓所・奥の院参道となる。ここから歩く。

DSC_0429

DSC_0430

DSC_0431

DSC_0432

 

到着。

DSC_0433

 

門には葵の御紋。

DSC_0435

 

会津中将源君之墓。その奥に鎮石。

DSC_0434

 

ここに初めて訪れたこと、院内御廟に訪れたこと、14代当主・松平保久さんの講演を聞いてきたことをご報告。

登ってきた道を戻る。

DSC_0436

 

拝殿の前にある碑石。院内御廟と同じく神獣・亀趺(きふ)がお墓を向いて守っている。この碑石は正之公の生い立ちから業績など1943文字が刻まれており、日本最大のもの。

DSC_0437

前回訪れた際にもブログに書いたが、この土津神社は日光東照宮と比較されるほど絢爛豪華だったといわれている。戊辰戦争の際に消失した。今回訪れたときにも、当時どんなに豪華だったのだろうかと思ったと同時に、キレイに整備され守っていくと地元の人の気持ちが伝わってきて素晴らしい場所だ。

初代藩主・保科正之公から院内御廟の二代から九代藩主の松平容保公、そして、容保公の墓所の左側にある松平家のお墓を全てお墓参りした日になった。静かに会津精神を学ばせていただいた日になった。

前回訪れた土津神社のブログ
http://saitoshinya.com/?p=3919

 

<参照サイト>
土津神社 | 八重が学んだ「精神」 | 八重のふるさと、福島県

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です